木村優子

17 の用例 (0.00 秒)
  • 木村優子に何か買ってやることを楽しいと感じる気持も失ってしまった。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • 木村優子はそうしたことがらと一体になって存在していたものだった。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • 彼が木村優子に会ったのは、それから二カ月ほどたったときのことだった。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • それから彼は四カ月ごとにイギリスに行き、そこから帰るたびに木村優子に何か買っていった。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • 木村優子が彼をどんなに愛しているかといったことだった。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • そのときも彼は木村優子のアパートへ行き、最後の四カ月のあいだに経験したさまざまのできごとを彼女に話した。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • 太田誠が工場から車で帰ろうとすると、門のところに木村優子が立って待っていた。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • それを木村優子に渡すときのことを考えると、胸が苦しくなるほどドキドキした。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • しかし木村優子を傷つけてしまったばかりなので、また傷つけてしまうことが怖かった。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • 一方、木村優子は彼が何も買って帰らなかったことに落胆しなかったばかりか、彼がF1チームから離れてもとの工場に戻ることになったことをよろこんだ。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • 番組の途中と最後に、木村優子の進行による女性タレントオーディションのコーナーを交えていた。
  • 彼女は木村優子とどこかで会ったらしかった。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • 彼女は木村優子のことを話した。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • きっと木村優子だろうと思った。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • 木村優子がいなかったからだ。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • 若手時代は日本テレビの元祖アイドルアナウンサーとして3年後輩の木村優子と共に人気を博した。
  • 逆に広報からアナウンス部に出戻りした例として、TBSテレビアナウンス部デスクの岡崎潤司、日本テレビ放送網編成局アナウンス部長の木村優子等が該当する。