木曽特定地域総合開発計画

17 の例文 (0.00 秒)
  • これは浜島辰雄によって構想されたものであるが吉田茂によって採用され、やがて木曽特定地域総合開発計画の一環として正式な事業となった。 ...
  • 木曽特定地域総合開発計画における治水事業の根幹である。 ...
  • これが木曽特定地域総合開発計画である。 ...
  • 飛騨川を含む木曽川水系では1951年に木曽特定地域総合開発計画が閣議決定された。 ...
  • その後木曽特定地域総合開発計画による岩屋・岩瀬両ダム計画は立ち消えとなり、馬瀬川の電力開発は再検討された。
  • 木曽川においては1951年国土総合開発法によって木曽特定地域総合開発計画が策定、この中で飛騨川に大規模な多目的ダムを建設する計画を立てた。 ...
  • 当時飛騨川は中部電力による飛騨川流域一貫開発計画に基づく水力発電事業が積極的に実施されていたが、木曽特定地域総合開発計画により建設省が新たにダム計画を定めていた。 ...
  • 既に木曽特定地域総合開発計画において馬瀬川本流に岩屋ダム計画が検討されたが、中部電力は高根第一・第二発電所に次ぐ揚水発電開発地点としてこの岩屋地点に注目していた。 ...
  • 一方県北部では木曽特定地域総合開発計画の一環で建設された三重用水の水源として中里ダムなど4箇所のダムが建設され、それらを連結して安定した水供給を図ることで四日市市、鈴鹿市などの農業用水、上水道や工業用水道供給に資している。 ...
  • 木曽川水系では木曽特定地域総合開発計画において、木曽川の丸山ダムを始め多数の多目的ダムが計画されたが、木曽三川のほか流域面積では木曽川水系最大の支流である飛騨川流域において河川総合開発が計画されていた。 ...
  • 木曽特定地域総合開発計画に基づき建設された特定多目的ダムで、揖斐川の治水、大垣市を始めとする西濃地域への上水道供給及び水力発電を目的にしている。 ...
  • 中止したダム事業では犬山ダム・久田見ダム・洞戸及び板取ダム・黒津ダム・一之瀬ダムなど木曽特定地域総合開発計画で計画されたダム群のほか、矢作川水系上村川に計画されていた上矢作ダムがある。 ...
  • こうした丸山ダム改造を含め、同年木曽川水系の総合的な治水を図る木曽川水系流域計画が策定されたが、翌1950年には国土総合開発法施行によって木曽川流域は木曽特定地域総合開発計画に指定された。 ...
  • さらに1950年には国土総合開発法が施行され、木曽川水系は治水と農地かんがい、水力発電を総合的に開発する河川総合開発事業を主柱とした木曽特定地域総合開発計画が策定された。 ...
  • しかし戦後の水害頻発や食糧・電力不足を補う必要が生じたため多目的ダムによる河川開発が木曽川水系と天竜川水系で計画され、それぞれ木曽特定地域総合開発計画、天竜東三河特定地域総合開発計画として1951年閣議決定されて本流・支流に多数の多目的ダムが計画された。 ...
  • 木曽特定地域総合開発計画は丸山ダムや横山ダムを中心とする木曽川の治水、中部電力が進めていた飛騨川流域一貫開発計画の水力発電事業、牧尾ダムを水源とする知多半島への灌漑が主目的であり、日本最大級の用水路である愛知用水は本計画で推進された。 ...