木原数多

49 の用例 (0.00 秒)
  • 木原数多あまたは、一方通行アクセラレータを開発した辺りから、漠然と何かにとらわれていた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • その上、この連中は一方通行アクセラレータや木原数多あまたの動きを正確に追っている。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 木原数多あまたは自分が放った嘩を一方通行アクセラレータに当てる直前で逆向きにさせているのだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 木原数多あまたは、手の中にあった物を、今も倒れている一方通行アクセラレータへ軽く放り投げた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 一番の問題である木原数多あまた一方通行アクセラレータのすぐ近くに立っているが、彼を攻撃こうげきするのはほぼ不可能と言って良い。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 木原数多あまた個人の研究に、あのガキを利用する意味はなさそォだし。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • さらに、木原数多あまた打ち止めラストオーダーがそれぞれ街のどこにいるのか、ヒントもない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • これが一方通行アクセラレータ木原数多きはらあまたの住んでいた世界だった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 彼女達は木原数多きはらあまたなる人物が放つ『猟犬部隊ハウンドドツグ』という敵対組織を警戒している。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 木原数多あまたも、『猟犬部隊ハウンドドツグ』も、警備員アンチスキルも、この先の事も、もうどうでも良い。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 木原数多は、一方通行アクセラレータの目の前で、てのひらで包んでグシャリと握りつぶした。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 今は使われなくなったオフィスで、木原数多きはらあまたは歓声をあげた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 木原数多あまた椅子いすに腰掛け、テーブルに足を乗せたまま、ジロリと辺りを見回した。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • その無様な終わりを見て、木原数多あまたの戦いは終了する。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • かと言って、木原数多きはらあまたのものでもなかった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 木原数多あまたはキョトンとした顔で部下を見た。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第12巻』より引用
  • この位置も、すぐに木原数多きはらあまたや『猟犬部隊ハウンドドツグ』は突き止め、襲撃しゆうげきをかけてーるだろう。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 難しいが、少なくとも木原数多きはらあまた率いる『猟犬部隊ハウンドドッグ』を相手にした時よりはマシだろう。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録SS』より引用
  • 結局の所、木原数多あまた一方通行アクセラレータを圧倒していたのは、彼が『一方通行アクセラレータを直接開発したから』に過ぎない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • しかし、それは木原数多あまたの耳まで届いていなかった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 次へ »