朝早くから家

5 の用例 (0.00 秒)
  • 当主は学校の先生か何かで朝早くから家を出て、日曜日にはどこかへ勤労奉仕に行っている。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 私に従ってアフリカを横断した連中は、みな私の出発を見送るのに間にあうように、朝早くから家を出てきていた。 スタンレー/宮西豊逸訳『黒い大陸』より引用
  • その日、コタンのアイヌたちが集まって、朝早くからチセ造りに取りかかった。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • 父親のほうは朝早くから家を出ており、そのすぐあとでダフネと母親も、浜や桟橋で開かれるこの日のお祭りに加わるため、出かけていったので、バブはひとりで遅くまでベッドにもぐっており、もうぎりぎりの時刻になって、朝食をかきこむと自転車にとび乗り、前の道路へ向かっておりていった。 ハル・クレメント『一千億の針』より引用
  • 朝早くから家を出たオコシップは堅雪を渡り、目梨沢めなしざわの方からカタサルベツへ真っすぐ突き抜けた。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用