朝倉先生

504 の用例 (0.01 秒)
  • 僕は朝倉先生の教えをうけて以来、敵という観念を否定しつづけて来た。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 次郎は室崎の事件の折の朝倉先生をやっと取りもどしたような気がした。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 五六分もたつと、朝倉先生は手紙を書き終えて、自分も縁側に出て来た。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 僕は朝倉先生を見送って学校が一応落ちついてからにしたいと思ってる。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 便所にでも行ったのか、と朝倉先生は思っていたが、そうではなかった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • そうした場合の朝倉先生の答えは簡単だったが、内容はいつも複雑だった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • しかし、彼は、やはり首をたれたまま、朝倉先生のつぎの言葉を待った。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 天井をにらんでいた田川の眼が、やっと朝倉先生のほうにもどって来た。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 自動車が出ると、朝倉先生は夫人と次郎とをかえりみ、だまって微笑した。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 朝倉先生夫婦も俊亮の顔を横からのぞきながら、声を立てて笑っている。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • それで朝倉先生をおたずねしたってこと、平尾が自分で君に話したんかい。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 街角を左にまがって少し行ったところに朝倉先生の家があるのである。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 私もきょうは朝倉先生をおたずねして今帰って来たところだ。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 朝倉先生が答えた時には、次郎はもう椅子いすをはなれて棒立ちになっていた。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • もしそうだったら、打ちあけて朝倉先生に相談するがいいじゃないか。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 私たちは、朝倉先生が我校を去られる真の理由が何であるかは全く知りません。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • ぼくはただ朝倉先生のあとについて、仕事をやっていくだけのことなんですから。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 朝倉先生の微笑をふくんだ眼が、まだつっ立っている次郎を見あげた。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • と、冗談めかしていい、朝倉先生と二人で、声をたてて笑ったそうである。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 学校は、朝倉先生の問題を表面に出して生徒を処罰することはやらないらしい。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 次へ »