服すこと

34 の用例 (0.00 秒)
  • およそ学校の規律に服すことのできない不良中学生が小学校の代用教員になるというのは変な話だが、然し、少年多感の頃は又それなりに夢と抱負はあって、第一、その頃の方が今の私よりも大人であった。 坂口安吾『風と光と二十の私と』より引用
  • 当時、太守である孫堅から孝廉に推挙され尚書郎となったが、父が亡くなったため郷里で喪に服すことになった。
  • 中世になると訴訟の場でも提出されるようになり、被告が罪を認めて刑に服すことを上申する場合、紛争当事者の片方が非を認めて相手方に陳謝する場合、訴人が訴えの一部を取り下げる場合などに提出された。
  • ヒトラーは1935年7月25日に「非アーリア人種の中でも第一級ユダヤ人混血と第二級ユダヤ人混血については、これまでの行動に政治的問題がなければ、ドイツ国防軍の兵役に服すことができる」と定めている。
  • 北方戦争後のスウェーデンは国力が低下し、スコーネ戦争などで苦戦を強いられたが、フランスの助勢と外交面での改善もあって戦後、財政と軍事の復興に成功し、国力の回復とともにバルト海の権益も元に服すこととなった。
  • その後、彼らは有罪判決を受け、実刑に服すことになったが、テヘーロ中佐は獄中から1982年に行われた総選挙に立候補し話題となった。
  • ジルマ・ルセフ大統領は7日間の喪に服すことを宣した。
  • ドルチェの勤務開始後間もなくガッバーナは、18ヶ月間の兵役義務に服すことになるが、1982年の徴兵期間終了後、彼らは共同でデザインコンサルタント事務所を開設する。
  • 李白は安史の乱では粛宗の弟の永王李璘に従ったが、永王が叛いたためにその臣下であった李白もまた囚われの身となり、罪に服すこととなったが、郭子儀は李白の無罪を説いて李白の助命を請うた。
  • また「ミカリ」は、祭事にあたって通常とは異なる状態をもって物忌みに服すことを意味する「身変わり」が由来ともいわれる。
  • フアン1世は命からがら逃げ出したが、兵卒だけでなく多くの貴族を置き去りに逃げたため、カスティーリャでは1387年のクリスマスまで国中が喪に服すことになった。
  • また喪中に手紙を贈ったり、死者と関係はあるものの特別深い喪に服すことも無い人の場合は、灰色がかった青色「青鈍」や紫色「紫鈍」などの料紙や喪服を使う人もいた。
  • 教皇庁は埋葬後、九日間の喪に服すことになる。
  • 領の区分については浦上旧領は宇喜多に服すことを良しとしない三星城主後藤勝基や茶臼山城主笹部勘次郎らの領を除いて宇喜多領に併呑され、三浦旧領は高田城は毛利氏に接収されたものの篠向城・寺畑城などが宇喜多領となった。

服すこと の使われ方