服すこと

34 の用例 (0.00 秒)
  • バンダは深い哀悼の意を表明し、国民に対して一週間喪に服すことを求めた。
  • いっぽう、大衆の大部分は、むろんわれわれが冒涜ぼうとくの罪に服すことを要求するだろう。 バローズ『火星シリーズ02 火星の女神イサス』より引用
  • テューリアン圏は四十八時間以内にジェヴレンの支配に服すこと。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • またキプロス政府およびギリシャ政府は、本事故の発生を受けて3日間の喪に服すことを決定した。
  • 人の命令に服すことのできない生れつきの私は、自分に命令してそれに服するよろこびが強いのかも知れない。 坂口安吾『風と光と二十の私と』より引用
  • 勝手に銃殺でもなんでもしなさい、日本では配偶者を失ったら最低三年間は喪に服すことになっている。 近藤紘一『戦火と混迷の日々』より引用
  • 私はどんな大罪人とよばれてもかまいませんが、兄さんを傷つけた罪に服すことは我慢ができません。 坂口安吾『街はふるさと』より引用
  • 無期懲役の刑を受け、西川は地元三重の牢獄に服すこととなった。
  • この付近の城主は趙に服すことをすでに成約している。 酒見賢一『墨攻』より引用
  • 若い作家は本を読み学ぶことができず、教師がアイロンかけなど、無益な苦役に服すこともあるでしょう。 マッカラーズ/河野一郎訳『心は孤独な狩人』より引用
  • 一番のよき理解者でありもっとも力のあるパトロンだったカール6世が逝去し、オーストリア国内は1年間喪に服すことになったのである。
  • 信徴は20日に京都を出発、9月6に江戸着、江戸で幕閣と調整を続けたが、国元の諸生党は幕命や藩命を軽んじて服すことがなかった。
  • 劉裕が死去すると、劉義真は喪に服すこととなったが、隠れて魚肉や酒を嗜もうとしたため、劉湛は叱責した。
  • 青年に成長したティベリウスはすでにローマの第一人者の地位を固めていたオクタウィアヌスのもとで政務や軍務に服すことになった。
  • この暗殺事件の際に、ティラクは論文を書いており、その内容が扇動的だったことから、煽動罪により8ヶ月間の懲役に服すこととなった。
  • 整列や行進という、軍人に必要な団体生活が上手にできない上、細かい規律に服すことがまた不得意だ。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • ブラジルの大統領であるルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ大統領は、国民は3日間喪に服すことを宣言した。
  • 髪を刈られたあと、裁判にかけられ処刑されたり、刑に服すことになった女性もおり、これらの女性は、裁判処刑という経過を辿っただけの男性の対独協力者以上の、二重の罰、抑圧的暴力を加えられたといえる。
  • 侶は解放されて首都に戻るやいなや三年間の喪に服すことを理由に後宮に篭り、日夜宴席を張って全く政治をみることをせず、諌める者は全て殺すと宣言した。
  • 為三は業務上横領により懲役6年の刑に服すことになった。
  • 次へ »

服すこと の使われ方