有為な形成者

17 の例文 (0.00 秒)
  • 生涯にわたり成長していくための基盤となる力を養うとともに、国家及び社会の有為な形成者としての資質の育成を図る。 ...
  • 人間としての成長と発達を続けていく基盤となる力を養うとともに、国家及び社会の有為な形成者として、その発展に寄与し得る心ゆたかな産業人を育成する。 ...
  • 民主的、文化的で平和な国家及び社会の有為な形成者として必要な資質を養うために、自ら学ぶ意欲と社会の変化に対応できる能力の育成を図るとともに、個性の伸長を目指した教育の充実に努める。 ...
  • 人類の平和と福祉をねがい、社会の有為な形成者としての資質をもち、創造力にあふれた誠実な人格を育成する。 ...
  • 社会の有為な形成者として、人格の完成をめざすとともに、産業経済の変化に対応できる、健康で明るくたくましい、創造性豊かで柔軟性を備えた、人間性に富む産業人を育成する。 ...
  • これは特色ある学風の樹立と明朗な学園建設のもと建学の精神に則り円満な人格、健康な身体、豊かな教養を備え、勤労と責任を重んじる国家社会の有為な形成者の育成を目的とし、教育目標を具体化するための教育方針を示すものである。 ...
  • 教育基本法および学校教育法の精神に則り、個人の尊厳を重んじ、自らを厳しく律するとともに、平和的な国家および社会の有為な形成者としての資質の育成を目標とする。 ...
  • 教育基本法の精神に則り、国家及び社会の有為な形成者として、豊かな人間性を養い、高い人格と識見を具えた心身ともに逞しい人間の育成に努める。
  • 憲法、教育基本法に基づいて人格の形成を目指し、生徒一人ひとりがその能力、適性を十分に発揮し、平和的な国家、社会の有為な形成者となる資質を養う。 ...
  • 教育基本法、学校教育法の示す精神に則り、地域社会の特性を勘案して、人格を完成し、国家社会の有為な形成者としての資質を養うことを目標に次の5項目の達成に努める。 ...
  • 青年学級振興法の目的は、勤労青年教育が日本の産業の振興に寄与し、且つ、民主的で文化的な国家を建設するための基盤をなすものであることにかんがみ、社会教育法の精神に基き、青年学級の開設及び運営に関して必要な事項を定め、その健全な発達を図り、もつて国家及び社会の有為な形成者の育成に寄与することであった。 ...
  • 明るく、生き生きとした学校生活を通して、真理と平和を愛し、勤労と責任を重んじる、心身共に健全な、社会の有為な形成者を育成する。 ...
  • 現行の高等学校学習指導要領では、公民科の学習目標として、「広い視野に立って、現代の社会について主体的に考察させ、理解を深めさせるとともに、人間としての在り方生き方についての自覚を育て、民主的、平和的な国家・社会の有為な形成者として必要な公民としての資質を養う」としている。 ...
  • 教育関係諸法の精神にのっとり、人間性豊かな勤勉にして実践力に富む人格形成につとめ、国家および社会に有為な形成者として必要な資質を養い、世界の進運に寄与する人材を養成することを目的とする。 ...
  • 教育基本法にのっとり、心身を鍛え、知性を磨き、国家及び社会の有為な形成者として、その発展に寄与するとともに、国際社会においても敬愛される人間を育成する。 ...
  • 教育基本法及び学校教育法に基づいて、国家並びに社会の有為な形成者として、真理と正義を愛し、勤労と責任を重んじ、自主、協調の精神に満ちた、心身共に健やかな人間の育成をめざす。 ...