有体

全て 名詞
134 の例文 (0.01 秒)
  • 私は証拠のない事を云うと思われるのが厭だから、有体ありていに事実を申します。 ...
  • なお、この商品とは有体的商品の販売額を指し、不動産などは含まれない。 ...
  • 有体ありていにいうと、私は紅葉の著作には世間が騒ぐほどに感服していなかった。 ...
  • 有体ありていにいえば、御奉行ももっと上の方から云いつけられているのではないかな? ...
  • 有体ありていにいうと、お延と結婚する前の津田は一人の女を愛していた。 ...
  • 有体ありていに言えば今のお絹は、男が欲しくて欲しくてたまらないのであります。 ...
  • さう有体ありてい白状はくじやうしたうへはおまへつみえてしまつた。 ...
  • 猫のほうが本体となれば、一体化というより、有体ありていに同化かな。 ...
  • なお付録の四つの文章は有体に云ってあまり共感出来ないものだ。 ...
  • カレーは果して少しも辛くなく、有体にいって食べられるものではなかった。 ...
  • 有体に言うが、この上に寝るんだと言って出されたむしろを見ると、さすがにいい気持はしなかった。 ...
  • 有体ありていに言へば、妹のことなどはかまつて居られなかつた。 ...
  • そして、有体ありていにいって、現実の社会はもっときびしいのである。 ...
  • もっと有体ありていにいえば、彼はこの戦争の成行きを以前から彼なりに絶望的に感じとっていた。 ...
  • 有体にいって、徹吉は松原の病院を売った分前も受けていてかなりの金持ではあったのだが。 ...
  • 有体ありていに云えば、客を迎えるというより偶然客に出喰でっくわしたというのが、この時の彼女の態度を評するには適当な言葉であった。 ...
  • 有体ありていにいうと、坪内君の最初の作『書生気質』は傑作でも何でもない。 ...
  • 次へ