有る

全て 動詞
4,811 の用例 (0.01 秒)
  • 宗助はもとよりそうだと答えなければならない或物を頭の中にっていた。 夏目漱石『門』より引用
  • ここらの村や町の人たちに取っては重大の意味をっていることになる。 岡本綺堂『磯部の若葉』より引用
  • 今度の先生の様に良い人はお前、何処に行つたつて有るものぢやないよ。 石川啄木『鳥影』より引用
  • ある日、実は弟に見せる物が有ると言って、例の奥座敷へ三吉を呼んだ。 島崎藤村『家』より引用
  • それでもこの約束がある限り、私はずっと今の気持ちで有り続けられる。 奈須きのこ『MELTY BLOOD 幻影の夏、虚言の王』より引用
  • 生きて居ても仕様の無い様な淋しさが心一杯に拡がって来るので有った。 宮本百合子『お久美さんと其の周囲』より引用
  • そうしてその時の自分は有るとも無いとも片のつかないものだと云います。 夏目漱石『行人』より引用
  • それは多分に被害妄想に似たものも多輝子ちゃんの中に有ったのだろう。 辻内智貴『青空のルーレット』より引用
  • 人が動物や器械と異る点はこの想うことの能力をっているからである。 与謝野晶子『婦人と思想』より引用
  • 京都で薩摩の者達ともしきりに往来していられたと言う情報も有ります。 三好十郎『天狗外伝 斬られの仙太』より引用
  • 遠くに向けられた視線は、有りもしない赤い地平を見ているようだった。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 真逆に探偵の云った様な三日や四日の中に検屍が有り相には思われぬ。 黒岩涙香『幽霊塔』より引用
  • さて模写ということは、以上のような言葉の要求を有っているのである。 戸坂潤『認識論とは何か』より引用
  • 脚で敵へ寄って行くというよりは、有らん限りな声の力で敵へ迫って行く。 吉川英治『上杉謙信』より引用
  • それが有るばっかりで私は自分の生きて居る歓びを感じて居るのである。 宮本百合子『日記』より引用
  • 「泉ちゃんはまだ学校が有ったんだね」と義雄は泉太の方を見ていた。 島崎藤村『新生』より引用
  • 節子の実際に弱いことを証拠立てて見せるような日の来たことも有った。 島崎藤村『新生』より引用
  • 身が弱くても意が強ければ、一日の身あれば一日の事は成せるので有る。 幸田露伴『努力論』より引用
  • ある時、彼は節子の前に、その心を話して見る折を持ったことも有った。 島崎藤村『新生』より引用
  • お関は二十幾年振りかで帰った故郷の有様に皆驚く事ばかりで有った。 宮本百合子『お久美さんと其の周囲』より引用
  • 次へ »