有する列車交換可能駅

5 の用例 (0.00 秒)
  • かつては相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能駅であった。
  • 転換当初は相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能駅で、七尾線で貨物輸送が行われていた頃にはさらにもう一本発着線があった。
  • 開業当初は相対式ホーム2面を有する列車交換可能駅であったが、後年の長編成化に伴う施設改良工事によって、駅舎側のホームのみを残して1面1線構造化され、当駅における列車交換は不可能となった。
  • 移設後の当駅は有効長40mの相対式ホーム2面を有する列車交換可能駅となり、終点である村山貯水池駅が1面1線構造であったことから、列車交換は常時当駅で行われた。
  • かつては相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能駅で、駅舎側が上りの2番線、対向ホームが下りの1番線となっていた。