最期

全て 名詞
5,910 の例文 (0.02 秒)
  • 図らずも迎えた最期さいごまで息子を気にかけていた斉木も浮かばれるだろう。 ...
  • 姉はわたしのようすに安心したらしく、前川正の最期を話してくれた。 ...
  • 吸魂鬼がハリーに近づいたときに、ハリーは母親の最期の声を聞いたのだ。 ...
  • それもこれもみなおぬしに、武道の最期、飾らせたいと思うたからじゃ。
  • いったいどこの土に埋められているか、どのような最期さいごをとげたかを。 ...
  • 彼の最期の言葉は、遠い日に叶った幼き私の願いを指していたのだろう。 ...
  • 奇妙な偶然に助けられなかったら、ここが将軍の最期だっただろう。 ...
  • 警察の人間でも何でもなく、ただ、彼の最期のことを知りたいだけなんです。 ...
  • そしてこの仕事を終えたときに、彼はいよいよ最期が迫ったことを感じました。 ...
  • それは今のような立場からみれば、はなはだ似つかわしい最期であった。 ...
  • そして、二人の男にとってこれは最期の瞬間のようなものだった。 ...
  • 女賊とはいえ、この可憐かれんな最期の願いをしりぞける気にはなれなかった。 ...
  • しかし、ソランの最期の叫び声は何の役にも立たなかったわけではない。 ...
  • あれほど憎悪した雅楽だが、さすがにもののふの感動的な最期であった。 ...
  • 最期の瞬間に投げた万斛ばんこくの憎悪をこめた眼は少しも前と変ってはいなかった。 ...
  • これが最期と思ったのが、かえって、生へひらく唯一の道だったのだ。 ...
  • ところが妹が専用の介護人となり、最期まで母を看取ってくれたのである。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:最期