最期を語る

8 の例文 (0.00 秒)
  • ドレッバーの最期を語り聞かせ、同じように毒の錠剤を選べと迫りました。 ...
  • 同年兵といっても各自配置が違うため、「大和」の最期を語ることしかできなかった。 ...
  • 天心は、茶人の死を利休の最期を語ることで締めくくります。 ...
  • 無電技士丸尾の遺書は、あまりに簡単であったため、二号艇に乗組んでいた二十何名かの船員の最期さいごを語りつくしていたとはいえなかった。 ...
  • 風雨氷雪幾百万年、肉の落ちたはぐきのあたりには、それでも幾種かの高山植物がわずかに培われてはいるが、堅い硬い岩骨は恐らくは遠い未来まで、その悲痛な最期を語るにも似た凄惨な光と色とを失わないで、此三窓の雪渓の上に突立っているのであろう。 ...
  • 市太郎は城山の最期を語り終えた。 ...
  • ウルリーケはこもごも湧き起る回想のために、しばらくむせび泣きしていたが、やがて歩を返し、つづいて艇長の最期を語るために、詩人の犬射復六が朝枝に連れ出された。 ...