最期を覚悟

9 の例文 (0.00 秒)
  • 自由に動きの取れない空中で小夜子は今度こそ本当に最期を覚悟した。 ...
  • この瞬間、作裂する砲弾、飛翔ひしようする小銃弾の中で本城は最期を覚悟した。 ...
  • エンゲルスは盟友の最期を覚悟し、マルクス邸に毎日見舞いに通った。 ...
  • 乗客の中には最期を覚悟し、不安定な機体の中で懸命に家族への遺書を書き残した者が複数いた。 ...
  • また、最期を覚悟して自殺する者が出てきたうえ、潜水艦の乗組員にも被爆によって体調を崩す者が続出する。 ...
  • 最期を覚悟して神璽と宝剣を身につけた母方祖母・二位尼に抱き上げられた安徳天皇は、「尼ぜ、わたしをどこへ連れて行こうとするのか」と問いかける。 ...
  • たとえば宇垣は作戦そのものには反対しつつも「決戦ならば之もよからん」と諦めており、草鹿も「いずれその最期を覚悟しても、悔なき死所を得させ、少しでも意義ある所に」と述べている。 ...
  • また和也が死の数日前に「おふくろ、頑張れよ」「大丈夫だよ」と声を掛けると、ひばりは最期を覚悟したのか両目に涙を一杯溜めていたと、後に和也自身が語っている。 ...