最期を看取る

30 の例文 (0.00 秒)
  • 第一俺には誰一人として最期を看取みとってくれる家族がいない。 ...
  • そこには君の妻の最期を看取みとった者など存在しないのだ。
  • その最期を看取ったアリックスは「彼は国のために命を落とした」と語った。 ...
  • 八年の間に、八郎兵衛が最期を看取ってやった者も、すでに三人いる。 ...
  • そこにいた世奈子から「最期を看取ったのは私よ」と告げられた。 ...
  • そのため、晩年を慮った息子の靑史が帰省し、同居して最期を看取った。 ...
  • おまえがあの娘の最期を看取みとってやったんだろう。 ...
  • またその後に病に倒れた高杉を看病し、最期を看取ったのは望東尼であった。 ...
  • それを医者に強制的に止めさせられた際には、別のベッドを夫人の部屋に入れて、最期を看取ったという。 ...
  • 梁川星巌がコレラで亡くなる際、三樹三郎がその最期を看取ったという。 ...
  • だれかの最期さいご看取みとることが、私にはあまりにも多い。 ...
  • 新井の祖母の最期を看取ったのも、たまたま見舞いに訪れていたIKKANである。 ...
  • 親族で祖父の最期を看取った後、今井家は政府の勧めで銀行開設に向けて、東京移転の準備を進める。 ...
  • カネは夫の最期を看取ったあとに、然別を離れて帯広に戻った。
  • 母親の最期さいご看取みとって以来、ひさしく忘れていたはずの感覚が、すこしずつ、だが確実かくじつよみがえろうとしていた。 ...
  • 最期を看取ったのは養女のヒロと、当時70歳の長年親しくしていたファンの女性だけだった。 ...
  • 医師の家で育った柔子は父を看病した体験があり、献身的な看護で義父である祐策の最期を看取ったという。 ...
  • 次へ