最期をとげる

48 の例文 (0.00 秒)
  • いまあなたがこのような最期をとげるのも、いわば自業自得というものだ。 ...
  • あなた達はこの絶景に包まれて死んでゆくという、結構な最期をとげるわけです。 ...
  • これでもう恐ろしい最期をとげるまで逃亡のチャンスは皆無になったといってもいいだろう。 ...
  • 私には、彼が苦痛と絶望の最期をとげるような予感がした。 ...
  • というのは、それでは私たちもそのままそこであえない最期をとげることになろうからでした。 ...
  • きっとボートの中で生まれたにちがいないし、死ぬのもおそらくボートの中で、ボートを漕ぎながら最期をとげることだろう。 ...
  • 残された俺は、警察に逮捕されるか、そうでなければ狙撃されてあえない最期をとげるというわけだ。 ...
  • なにかお祝いがあるたびに、家の雞が一羽ずつ最期をとげる。 ...
  • そして、誰もが見るもあわれな最期さいごをとげるのでした。 ...
  • まさか美也子がそのような恐ろしい最期をとげようとは知らなかったであろうけれど、自分を殺そうとした人物、自分が小指を噛みきった相手が、だれであったかを知っていたのではあるまいか。 ...
  • そして、きみたち十一人は、この暗やみの洞くつの中で、悲惨な最期をとげるのだ。 ...
  • それにしても、このような恐ろしい最期をとげるとは! ...
  • アフリジオは伯爵を自称し、この大公の邸で巨万の財産をつくったが、その結果二十五年後に非業ひごう最期さいごをとげることになった。 ...
  • 次に遠因について申せば、彼らはどんな最期をとげるものか、どんなことが最後にこの悪人どもに起るものか、まったく想像以外には判断ができません。 ...
  • そうなると、藤兵衛が非業の最期をとげる直前に加助をよびよせていることが、非常に重大な意味をもつ。 ...
  • あのような美しいひとが、このようないまわしい最期をとげるなどということはあり得ない。 ...
  • とても聖人などの光栄を思うどころではなく、人目に立つような華々しい最期をとげる自信があるでもなかった。 ...
  • 次へ