最期をとげ

232 の例文 (0.00 秒)
  • いったいどこの土に埋められているか、どのような最期さいごをとげたかを。 ...
  • 非業ひごうな最期をとげた貴子の思い出のためにも参詣さんけいしておきたいと思った。 ...
  • 私は心がけによっては、自分らしい最期をとげられるものだな、と思った。 ...
  • 非業の最期をとげられたのは、あとの三人の方も同様でございます。 ...
  • かれよりも前の者や後の者たちは、なぜ悲惨な最期をとげたのか? ...
  • このようにして彼はここで最期をとげた、塩からい海の水をいっぱいのんで。 ...
  • むごたらしい最期をとげはしたが、背中を見せて逃げはしなかった。 ...
  • そして、その翌十六日の朝、不慮の最期をとげられているのが発見されたんですね。 ...
  • その紳士はあきらかに侵略者から祖国を守っている最中に最期をとげたのだ。 ...
  • きょうが昭和五年この家で、非業な最期をとげたひとたちの命日ですね。 ...
  • 実に多くの「小さなお国」が悲劇的な最期をとげていることを知ったからだ。 ...
  • その後も職を転々として1960年に自殺するという悲劇的な最期をとげている。 ...
  • 中途で落ちては岩角に頭をぶつけて最期をとげたものもある。 ...
  • 大殿は人手にかかって非業の御最期さいごをとげられたのでありますぞ。 ...
  • そんな悲惨な最期をとげられたとは、想像もできないですね。 ...
  • まったく私もあの日に死んでしまえば、よかったものを、最期をとげていたならば。 ...
  • 死刑、暗殺、自殺という最期をとげた大統領の数の方が多い。 ...
  • 次へ