最期

全て 名詞
5,910 の例文 (0.01 秒)
  • そして父自身も最期を母と同じ放射線科で迎えることになったのである。 ...
  • 結局親父は、最期の瞬間まで俺の運命とやらを気にかけていたのだろう。 ...
  • 蛇は体をられつつも、最期の瞬間まで鳥を呑もうとしていたのである。 ...
  • 貴方はすぐに忘れてしまうだろうけど、わたしは最期まで覚えているわ。 ...
  • 最期がどんなご様子だったのか、何ひとつ教えてもらってはいないのです。 ...
  • しかし、その最期は偶然なものであったろうと推定する理由は少しもない。 ...
  • いささかのお苦しみもなかったろう、まことに御立派な御最期であった。 ...
  • 堀田らしい、最期まで自分は己を犠牲にしているのだと訴える歌だった。 ...
  • 道子にすれば、父の最期を見届けたいという思いがあったかもしれない。 ...
  • わたし自身が水を飲まぬと決めていたら、それが最期となっていたはずだ。 ...
  • まるでひと晩かけて、友と最期の語らいを終わらせたような気分だった。 ...
  • 同三十日 歩七一 歩七一の戦闘も実質的にはこの日が最期である。 ...
  • この光景をこそ武器ささえにして戦い続けた英雄は、最期に、自らの闇に落ちる。 ...
  • 鎌倉最期の日に逃れ出て安房あわに隠れてこの日を待っていた人であった。 ...
  • この瞬間が最期になるなら、俺の命が燃え尽きてももう悔いはなかった。
  • その違和感が何であるか、彼は最期の時まで理解できなかったのだが。 ...
  • ダバルプスは最期に、どうあっても俺たちを道連れにするつもりなのだ。
  • 次へ
    アマゾンで検索:最期