最後の夏休み

44 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は大学最後の夏休みを沖縄で過ごすためにやってきたのだと言っていた。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • 小学生最後の夏休みとして、生徒たちは、それぞれの夢を寄せていた。 森村誠一『自選恐怖小説集 人間溶解』より引用
  • きみはいまでも十九年前の小学校最後の夏休みの水無山での約束をおぼえているだろうか。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 聡とその友人たちは、中学最後の夏休みに雉島に行くことになった。
  • 友人たちとの間の距離は、彼らが大学最後の夏休みを過ごしていたために、余計感じた。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • そう、本日でとうとう高校生活最後の夏休みが終わってしまった。 沖田雅『先輩とぼく 04』より引用
  • というわけで、先輩の高校最後の夏休み、存分に遊びまくりましょう!! 沖田雅『先輩とぼく 04』より引用
  • 少年時代の最後の夏休み、信じ続ける想いが、今、遠くの空に届こうとしていた。
  • 六年生の最後の夏休みに、同級の女生徒川島洋子を四人で輪姦りんかんした。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • これが小学校時代最後の夏休みとなる。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • はっきりと覚えているのは、小学校最後の夏休み。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 大学生活最後の夏休みに主人公は電車でバイト先である「野々宮図書館」がある奥音里へと向かっていた。
  • 六年生の夏、小学校最後の夏休みにある事件が起きなければ、彼らは小学校を卒業して熊木らの奴隷の鎖を断ち切れたはずであった。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • その後の彼らの半生は、十二歳の少年期最後の夏休みの体験から、決して逃れきることはできなかった。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • といって、この学生時代最後の夏休みを逃したら、二度と正確な記録を残す機会は訪れないかもしれない。 深谷忠記『タイム』より引用
  • 最後の夏休みを利用して、秋の学期にまたがった長崎行きのことは、当時の永い旅として私の若い頃の一頁の記録を埋めてあまりあるものでした。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(7)』より引用
  • 高校生活最後の夏休みが終わり、新学期が始まった。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • お互い疎遠となっていた二人が再会し、友也にとって思い出に残る学園最後の夏休みが始まる。
  • そんなわけで、最後の夏休みを満喫すると、今から遊び倒す予定をぎっしり考えているらしかった。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • 彼の通う葉成川学園が生徒数減少の為2学期から他の学校との統合が決まったこと、友人の由佳子が転校することになったことなど色々な意味で最後の夏休みとなっていた。
  • 次へ »