最前衛

29 の用例 (0.00 秒)
  • 移動中は最前衛のプレイヤーキャラクターのみが表示される。
  • 前衛と側衛がいて、前衛の百メートル前方には三人の戦士が最前衛を形成している。 バローズ/佐藤高子訳『ペルシダーに還る』より引用
  • ただし、最前衛のキャラクターが石化している場合は次のキャラクターに表示が切り替わる。
  • 赤ん坊の独自な境地から出発する最前衛の人々だそうでした。 豊島与志雄『旅だち』より引用
  • 巨人の出動も失敗に終わって、最前衛が出て来たのだ。 菊地秀行『吸血鬼ハンター14 D-妖兵街道』より引用
  • 日本軍最前衛東端基地のあるギルバート諸島マキンを攻撃せよという命令である。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 大正十五年における日本文学の最前衛は青野季吉であった。 臼井吉見『大正文学史』より引用
  • クセナキスは、現代の最前衛と言われている作曲家である。 岩城宏之『棒ふりのカフェテラス』より引用
  • この作品で降谷建志は自らロックの最前衛に位置している事を認識し、自らの天性の才能と努力を自画自賛した。
  • この現代音楽祭は、当時の世界の中での、最先端の最前衛の音楽ばかりを演奏するので有名なフェスティバルだった。 岩城宏之『棒ふりのカフェテラス』より引用
  • 左側に世界の最前衛の作家の特集がいつもあります。 小林信彦『素晴らしい日本野球』より引用
  • そのためアクメイズムは新古典派としての側面と、象徴主義をも克服してゆこうとする最前衛としての側面をあわせもつこととなった。
  • 当時、封建主義から民族主義への脱皮期にあった日本の青年と、イギリス帝国主義のために最前衛の役割を果たしていたものとが、祖国への忠誠心の異常な高さという点で、一致を見たのである。 大宅壮一『炎は流れる4 明治と昭和の谷間』より引用
  • 自分のことを語るのは気がさしますが、私は二十歳前後の時期に画家を志したことがあり、新しいものをいろいろあさったあげく、当時最前衛であったカンディンスキイあたりの作品と理論に強く動かされて、自分でも何十枚となく抽象的な構成主義の絵を描いたことがあります。 三好十郎『絵画について』より引用
  • カリまでの約半分まで踏破したとき、最前衛は小丘の頂上で停止し、中の一人がきびすを返して本隊にせもどってきた。 バローズ/佐藤高子訳『ペルシダーに還る』より引用
  • ラッヘンマンの作歴全体から見れば、このオペラは今までの彼の作風に無い新しい表現を目指した最前衛の作品というわけではなく、それまでの彼の過去の作曲技法の集大成という事ができる。
  • ここにスワヒリ世界、及びその先に広がるアジアと西欧キリスト教文明の最前衛としてのアヴィス朝ポルトガル王国の接触が始まったのである。
  • 秀吉死後は徳川家康に接近し、慶長5年の関ヶ原の戦いでは徳川家康の東軍方に与して、山名豊国を従えて最前衛で戦った。
  • 同時に、最前衛の石像がぐっと胸をそびやかしたのである。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09b D-蒼白き堕天使2』より引用
  • その後もオペラ作曲家としてはハンス・ヴェルナー・ヘンツェと並び定期的に委嘱をこなしており、最前衛からは距離を置き活動した。
  • 次へ »