最も醜い

25 の用例 (0.00 秒)
  • なお同車は、その特異なデザインが市場の反感を買い、イギリスの大衆紙である「デイリー・テレグラフ」が2008年8月に発表した「史上最も醜い車100選」の1位に選ばれた。
  • フランス人はこの車を「惨めなカエル」と呼び始め、ジェレミー・クラークソンは当時のタイムズ紙上で、路上で最も醜い車と評してこの議論を終結させた。
  • 七人の「高等な人間」たち、高貴な王、厳格な学者、ワーグナーを思わせる魔術師、最後の法王、最も醜い人間といった者たちは、その大きな苦悩によってツァラトゥストラの同情をひく。 竹田青嗣『ニーチェ入門』より引用
  • 中でも最も醜い男が、ジャックナイフをきらめかせたと思った途端、悲鳴が上がり、女性が左腕を押さえた。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • 二層デッキ式のゴンドラを配備した角張った胴体に大きな高翼式主翼を取り付け、その主翼からこれまた大きな固定脚を外側に張り出して胴体をぶら下げた姿はいかにも無様で、「四角いアミオ」とか「フランスで最も醜い爆撃機」とまで言われていた。
  • 「自己」を誤解されまじとするは恕す、「自己」を真価以上に広告し、すべての他人を凌駕し得たりと自負するに至ッては最も醜怪、最も卑怯なる人格の発露である。 和辻哲郎『霊的本能主義』より引用
  • 戦乱の中でおのれを見失い、いたずらに悲壮感や昂奮にかられることは、なによりも学徒兵としての本分を忘れた、最も醜い所業であると肝に銘じていた。 吉田満『戦中派の死生観』より引用
  • 長兵衛は、最も醜いかおと肢体を持った遊女を、指さした。 柴田錬三郎『嗚呼 江戸城(上)』より引用
  • 最も高尚な空氣を最も醜惡に吸つて生きろ。 有島武郎『半日』より引用
  • すると頭には何ひとつ残らずにたちまちお婆さんは坊主の禿より光り輝いた禿頭をむき出しにしてしまい、一方には作りものの髪毛がぶらさがって、およそ世の中でも最も醜い、いやらしい恰好になってしまった。 作者不詳『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯』より引用
  • 而も此の内閣は、政黨内閣としては最も醜惡を極め、特に人才の選叙に於て當を得ざるもの頗る多かりき。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用