最も恐れる

39 の用例 (0.00 秒)
  • 最も恐れるのは質の低下だが、それは編集関係者の努力に待つしかない。 星新一『きまぐれエトセトラ』より引用
  • この際、養蜂家が最も恐れるのがフェーン現象などによる気温の上昇だ。 松平維秋『松平維秋の仕事』より引用
  • ぼくが最も恐れるのは死そのものではなく、死の観念である。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • あの娘が最も恐れるものを探り出し、それで苦しめてやると言っていたではないか。 シモンズ『尼僧院から来た花嫁』より引用
  • 事実、テロルその他を最も恐れる権利のあるものが、彼等だからだ。 戸坂潤『世界の一環としての日本』より引用
  • 私は流行遅れになるのを最も恐れる日本人だ。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • その人間が最も恐れる罪の具現が悪夢なのだと悪夢は語った。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • わたしが最も恐れるのは、実行を必要とするように見える何かをやる権能を政府に与える、真面目で良い意図を持った人々の確信ある行動なのです。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • 先生たちが最も恐れるのは、それでなくても青年の発酵の始まる危険な年齢のころに早熟な少年に現われる異常な現象である。 ヘッセ/高橋健二訳『車輪の下』より引用
  • 直子から軽蔑されること、それは彼が最も恐れることだった。 東野圭吾『秘密』より引用
  • また、ポーランド人にはヨーロッパ人のうち犯罪被害に遭うのを最も恐れる用心深い気質があるとされる。
  • どの様に環境が愉しく、どの様にその社会は善良なものでありましても、キリスト教徒として最も恐れるものは、知らず知らずの内に自分を失って行くことなのです。 キェルケゴオル/芳賀檀訳『愛について』より引用
  • また、ポーランド人にはヨーロッパ人のうち犯罪被害に遭うのを最も恐れる用心深い気質がある。
  • 夢情の氷のような冷静沈着な判断力と、破壊的な蘭の武器が手を結ぶと、怨霊が最も恐れる組み合わせになる。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • そんなはめにおちいるのは彼が最もおそれるところだった。 赤川次郎『孤独な週末』より引用
  • 一拍いっぱく置いて、誰もが最も恐れることを告げた。 富永浩史『スフィア ―哀しみの青想圏―』より引用
  • セムが最もおそれることは、ロレンスたちがエンベルク側の人間であるということ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • いずれ会えば、頭からして挨拶あいさつが、彼の最も恐れる例の毒舌であることくらいは、ちゃんとわかっているはずだのに、そうなのだった。 モーム/中野好夫訳『月と六ペンス』より引用
  • レビルも他の幕僚達も最も恐れる瞬間であった。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅢ』より引用
  • 村人たちが最もおそれるのは、同じ村人から敵視されることだ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • 次へ »