最も大がかり

8 の用例 (0.00 秒)
  • ボスの作品の中でも最も有名な作品で、かつ最も大がかりな作品である。
  • これは、香港の植民地時代に行われた最も大がかりな計画の1つである。
  • ところで、懐疑論はなにより整合的な世界認識を批判するのだが、この批判を最も大がかりに、かつ精密に仕上げようとしたのは、むしろあの道徳至上主義者カントだった。 竹田青嗣『意味とエロス ―欲望論の現象学』より引用
  • 次に関西空港は世界でも最も大がかりな海上埋め立て空港として注目されたが、埋め立てが当初見込みより困難を極め、埋め立てても埋め立てても地盤沈下し、これが全体の工期にも大きく影響した。 谷川一巳『世界の「空港」物語』より引用
  • 最も大がかりな工事がはじまった。 海音寺潮五郎『新太閤記(三)』より引用
  • 威厳を示すためには最も大がかりで豪奢ごうしやな軍容を示して行軍して来たし、糟屋館かすややかたについてからも、奥の座敷に入ったまま見参げんざんを乞う者に会わず、側近の者に旨をふくめて応対させた。 海音寺潮五郎『新太閤記(三)』より引用
  • やるとなれば、諸事最も大がかりに、最もはなやかにやって、天下の耳目じもくをおどろかせ、圧倒するのが、彼の手口だ。 海音寺潮五郎『新太閤記(四)』より引用
  • 秀吉が最も大がかりで、最も辛辣しんらつな攻囲戦で鳥取城を陥れ、因州の処置をつけて、姫路に引き上げた後、吉川きつかわ元春も芸州げいしゆうへ帰った。 海音寺潮五郎『新太閤記(三)』より引用