最も多く栽培

12 の用例 (0.00 秒)
  • 昭和後期の日本で最も多く栽培された品種であり、日本における有名銘柄米の一つ。
  • 現在この品種を最も多く栽培し、世界的に知られているのがフランスのアルザス地方である。
  • 現在世界で最も多く栽培されているワイン用ぶどう品種である。
  • 少なくともヨーロッパでは最も多く栽培されているプラム類であり、ほとんどのプルーンは本種の果実から作られている。
  • 最も品質が高いのは長灘果だが収穫量が少ないため、根線虫に弱いが収穫量の多い青皮種が最も多く栽培される。
  • このため世界で最も多く栽培されている品種群であるが、柄が徒長しやすいことと汚れや傷による変色が目立ちやすい点が欠点となる。
  • ランカスターの西20マイルにあるカリフォルニア・ポピー保護区はカリフォルニア州の州花カリフォルニア・ポピーが最も多く栽培されているところであり、ポピー祭はランカスター住民だけでなく、世界中から訪れる客にも人気のある行事になってきた。
  • 元来は、湖東の日野町で永らく栽培されてきた日野菜は、現在、湖南の草津市で最も多く栽培されている。
  • 下総薬園において、最も多く栽培されてきたリンドウを図案化、校名の「薬」の字を図案全体でかたどったものが使われている。
  • なお、世界で最も多く栽培されている赤ワイン用ぶどう品種カベルネ・ソーヴィニョンは、これとカベルネ・フランという黒ぶどうとの交配種である。
  • 世界的にはドイツ、アメリカで最も多く栽培されており、チェコ、イギリス、フランス、中国、スロベニア、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、日本などで栽培されている。
  • 大野郡三重町の『三重町誌』には、「大分三井120号」が「収穫多量ニシテ品質良好、最モ地方ニ適スル」品種として、最も多く栽培されたと記されており、さらに、その特長を「当時としては丈が低く、実入りが良く、籾はあえ易かった」としている。