最も切実

39 の用例 (0.00 秒)
  • 今この業界で最も切実に求められているのは、仕事の出来る大人の女性だよ。 森瑤子『風物語』より引用
  • だが之は今日の理論家の最も切実な課題の代表的なものなのである。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • 貴族の行動における矛盾を最も切実に表わす言葉に「中世趣味」がある。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11b D-ダーク・ロード2』より引用
  • 婦人こそ、最も切実に生活の安定と平和のために働く必然があります。 宮本百合子『婦人大会にお集りの皆様へ』より引用
  • しかし我を斥けようとする要求は、今自分の内に最も切実に活らいている。 和辻哲郎『自己の肯定と否定と』より引用
  • 世界についての我々の最も切実に求めている感受性がそこにはあるのですからね。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • 最も切実な問題は、その日その日の食べ物をいかに手に入れるか、であった。 近藤紘一『戦火と混迷の日々』より引用
  • 最も切実に時代を捉へ、最も大胆に時代を描いた万葉集以後の詩人である。 芥川竜之介『芭蕉雑記』より引用
  • 学生にとって最近最も切実な関心となっているものは第一に、就職と入学試験とである。 戸坂潤『学生の技能と勤労大衆』より引用
  • これは現代において、すべての哲学者にとって、最も切実な問題でなければならぬ。 三木清『生存理由としての哲学』より引用
  • イデオロギー論と最も切実な関係に立つものは併し「社会学」である。 戸坂潤『イデオロギー概論』より引用
  • 意味のない言葉だよ、だが、ただ私にとっては、それは最も切実な意味をもっている。 モーム/中野好夫訳『月と六ペンス』より引用
  • 駄夫にとつて最も切実な問題は、如何にして斯の退屈な毎日を浪費するか! 坂口安吾『竹藪の家』より引用
  • 日本の支配者による「文化」の活用がどんなに制限を有つものであるかを、国民はこの問題で、最も切実に理解したのである。 戸坂潤『一九三七年を送る日本』より引用
  • そして、その最も切実な願いは、たちまちにしてかなえられた。 川又千秋『1+1=0』より引用
  • しかし今、私は深い、本当の意味での幸福があるということを予感するし、自分こそ最も切実に幸福に関係があるのだと考える。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • こうして入学試験の問題を就職問題へ解消して考えると、結局学生の最も切実な問題と云ったものは決して学生だけに特有な問題なのではない。 戸坂潤『学生の技能と勤労大衆』より引用
  • 中共としては最も切実な理由があってのことではあろうが、その切実な理由というのがおそろしい。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • 他者に限らず、人間にとって最も切実な対象は、すべて偶有的な存在といっていいかもしれません。 茂木健一郎『「脳」整理法』より引用
  • その苦しみは、婦人作家によって最も切実に描かれ、訴えられ、慰藉を与えられる筈だと考えるのは自然でないだろうか。 宮本百合子『婦人と文学』より引用
  • 次へ »