替える

全て 動詞
968 の用例 (0.01 秒)
  • 二十数年名前替え続けてると、本名が何だったかわからなくなりますよ。 ヒキタクニオ『消し屋A』より引用
  • そのため、発見報告を時系列順に並べ替える必要が生じることとなった。
  • 中には二度三度主を替えて、まだ系統の辿られるものさえあるのである。 柳田国男『予が出版事業』より引用
  • 君の日本主義は幼稚だけれども、君は僕にとっちゃかけ替えのない人だ。 横光利一『旅愁』より引用
  • 二年ごとにクラス替えがあるのだが、たまたま天吾とは四年間一緒だった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • だが彼らが、それとひき替えに女たちの肉体を要求したわけではない。 林真理子『ロストワールド』より引用
  • 普段着に替えたら、あなたも違ったことをいってくれるかもしれないし。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 二年生になるときのクラス替えでは、まるで経験しなかった気持ちだった。 西尾維新『傷物語』より引用
  • さらに私は父のペットであり、母の着せ替え人形だったと書いてあった。 柳美里『水辺のゆりかご』より引用
  • 家具も増えていなければ、壁に掛けた絵もポスターも替えていなかった。 新津きよみ『女友達』より引用
  • しずるさんは手札を並べえたりしながら、気のない感じの声を出した。 上遠野浩平『しずるさんと底無し密室たち』より引用
  • 若い医師は片岡夫婦に、担当医を自分に替えるよう、突然指示してきた。 畠中恵『百万の手』より引用
  • このように、池浦源作は二十数年の間に妻を三度替えたのであります。 松本清張『黒の様式』より引用
  • そして任を去ってから幾年も経たずにその像を壊し、その主人を替える。
  • しまったなと思いはするが、それでわざわざ席を替えることはしない。 米澤穂信『秋期限定栗きんとん事件〈上〉』より引用
  • 幼い頃から、タミエの容色を金に替えることばかり考えてきた父と母だ。 岩井志麻子『岡山女』より引用
  • 何か別のものにすっかり造り替えてしまうか、いっその事消滅させるか。 吉村萬壱『ハリガネムシ』より引用
  • それにしても北京で替えてきた日本紙幣が、まだ五百円近く入っていた。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • 毎日、服をえることはできないし、熱いお風呂ふろに入ることもできない。 水野良『魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士』より引用
  • 一万八千円の負けには替えられない成果が得られた、と竹中は思った。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 次へ »