書肆博文館

4 の用例 (0.00 秒)
  • 書肆博文館が僕に対して版権侵害の賠償を要求して来た其翌日である。 永井荷風『申訳』より引用
  • 僕が書肆博文館から版権侵害の談判を受けて青くなっている最中、ふらりと僕の家にたずねて来て難題を提出したのはこのお民である。 永井荷風『申訳』より引用
  • しかし最も大いに精力を費したのは書肆しよし博文館のためにする著作翻訳で、その刊行する所の書は、通計約百五十部の多きに至った、とある。 松本清張『過ぎゆく日暦』より引用
  • しかし最も大いに精力をついやしたものは、書肆しょし博文館のためにする著作翻訳で、その刊行する所の書が、通計約百五十部の多きに至っている。 森鴎外『渋江抽斎』より引用