書ちゅう

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • この世に生きることをやめた彼は書中の人物としてのみきていた。 ...
  • 同書中でガードナーは に似た綴りの Wica という言葉を用いた。 ...
  • 昨日読きのうよんだ書中しょちゅううつくしい鹿しかむれが、自分じぶんそばとおってったようにかれにはえた。 ...
  • 全福音書中で、あの言葉だけが記憶されているなんて、やりきれないよ。 ...
  • 「孫権め、この書中に、妙なことを書いておるわ」 と、曹操は言った。 ...
  • 昨日讀きのふよんだ書中しよちゆううつくしい鹿しかむれが、自分じぶんそばとほつてつたやうにかれにはえた。 ...
  • 讀んで行きながら、書中の問題又は書中の世界に同化するは何の用ぞと思ふ。 ...
  • どうか、書中のほかの所へ眼を転じて、とくとお考えを願わしゅうございます。
  • それでいてその折読みさしていた書中の条下はよく覚えている。 ...
  • 答申書中で認定されている事実は以下の通りである。 ...
  • 正造の書中にもあったように、第十六議会は月余にせまっていた。 ...
  • 書中の認識や、引例等にも、多少の改変を要するものあるは勿論であります。 ...
  • あんた聖書ちゅうものを聞いたことがねえだか?
  • さうしてその倫理書中に羅列された諸説を自分の内面的知覺に照して見た。 ...
  • このように聖書や古典書中の諸伝説を自然科学的に説明しようとする努力は当時の科学的研究の中にしばしば見出されるものである。 ...
  • 或部分は書中の問題に同化せむと努力するために自分の問題を殺してゐることを意識しながら苦しみ讀む。 ...
  • 書中の思想がいかに深刻ならんも、小説中の主人公がいかに惨澹たる運命をたどるもそれは読む方の知りたることにあらず。 ...