書き物をしたり

17 の例文 (0.00 秒)
  • あなたが坐って書き物をしたり、机に向って計算をしているように、わたしは鏡の前に坐って来たの。 ...
  • 書き物をしたり、本を読んだりする人もいなければ、居眠りをしている人もいなかった。 ...
  • まあ、つまり本を読んだり、のんびりと書き物をしたりしていた、ってことだ。 ...
  • その中で、四、五人が書き物をしたり、新聞を読んだりしていた。 ...
  • それでもはたの者が思うほど苦にもせず、元気に書き物をしたり、調べ物をしたりしておりました。 ...
  • ガリ勉は長時間にわたって同じ姿勢で本を見たり書き物をしたりして勉強するため、目が悪くなりやすかったことがそのイメージの根源だと思われる。 ...
  • 横になった者はぼんやりの視線を天井に注ぐか、うつ伏せになって本を読んだり、なにごとか書き物をしたりで、寝ている者の姿はほとんど見当たらない。 ...
  • 根をつめて書き物をしたりするとき特有の、目の焦点が近いような感じになっているが、全体として貴之は冷静だった。 ...
  • 多くの小部屋は廊下に面して、一面の板仕切りのかわりに、むきだしだがともかく天井まで届いている木格子きごうしがあり、それを通して光がさしこみ、またそれから、机にすわって書き物をしたり、ちょうど格子のところに立って隙間越しに廊下の人々をながめている幾人かの役人が見えるのだった。 ...
  • とっくに下校時間は過ぎていて、教師たちは自分のデスクでなにか書き物をしたり、教師同士で話をしたり、パーテーションの奥の面談スペースからも複数人の騒がしい声が漏れているのがこの距離からでもわかった。 ...
  • 暖炉だんろで温めるか、小僧こぞうはだで温めさせるかして、これで手を温めながら書き物をしたりするのですよ。
  • 翌十一日、いつものように午前五時に起きた東條は、応接間で書き物をしたり、新聞を熱心に読んだりの生活にはいった。 ...
  • わたどりの多い時期に、珍らしく一日書斎で書き物をしたりしていると、椋鳥むくどり頬白ほおじろ、普通は河原でしか見かけない白鶺鴒はくせきれいなどが見られる。 ...
  • 父親のもっともな言い分によれば、アポロは実務的な明敏さも才能も欠き、怠け者で、祖先から継承した財産を管理するという口実で、仕事もせずに、のらくらと読書したり、書き物をしたり、乗馬をたのしんだりしている浪費家で、娘の夫としては最も不安な男だというのである。 ...
  • 昼食をはさんで、午後になると、鉄男は接客の合間をぬって、店舗のすぐ脇にある小部屋で書き物をしたり、本を読んだり、美術書や写真集のページをめくったりして過ごした。 ...
  • そこで、ブルーは、ホワイトが借りたブラック宅の真向かいにあるアパートの一室に住み込み、双眼鏡で監視を始めるが、ブラックは読書をしたり書き物をしたりするだけで、事件らしい事件は起こらない。 ...