更迭問題

6 の例文 (0.00 秒)
  • 先の閣僚の戦争への言及による更迭問題もこのことと無関係ではない。 ...
  • 枢密院議長更迭問題は、結局西園寺が、「最も憲法に明るいのは一木であり、また自分が推薦するにしても、一木なら確信を以てできる」と強く推し、五月に上京して一木に会って、「一つ国家に殉ずる決心を以て、この際受けたらいいじゃないか」と〝激しい勢い〟で説得して引受けさせたことで、落着を見た。
  • 更に1697年には母・松木宗子の信任の厚かった議奏中御門資熙の更迭問題を巡って両親と対立して中御門の普段からの天皇軽視の言動に不快感を抱いていた近衛基熙との関係を強めた。 ...
  • もっとも、ターナー自身は戦いの行方がある程度見通せるまではニュージョージア島の戦場に留まるつもりだったが、陸軍側の上陸部隊の指揮官更迭問題を抱えていたハルゼーは、ターナーが介入して問題がさらにもつれることを避けるため、期日どおりにターナーを中部太平洋に送り出し、ウィルキンソンに交代させた。 ...
  • 袋の中には、きれいな百円札で金が千六百円、それからこの物語では第七章に書いた、山本が次官時代の「述志」が一通、昭和十六年一月の、ハワイ作戦と聯合艦隊長官更迭こうてつ問題に関する覚書が一通、十二月八日、開戦の日にしたためた別の「述志」が一通入っていた。 ...