更迭劇

7 の例文 (0.00 秒)
  • この更迭劇には孝謙天皇と仲麻呂の意向が働いたものと考えられている。 ...
  • この態度の変化が、一つの更迭劇を生む。 ...
  • スプルーアンスは、この更迭劇がタワーズやその一派による陰謀だともみなしており、もともと嫌っていたタワーズをいっそう憎んだ。 ...
  • なお、パウナル更迭劇のあった1943年12月頃に中部太平洋方面の艦隊の司令部を第5艦隊と第3艦隊の交互に指揮させるプランが創出され、スプルーアンスとミッチャーの組み合わせが決まったあと、ハルゼーの下で空母任務部隊の指揮を執る者の選定が行われた。 ...
  • アウンサンスーチー襲撃事件と同氏の自宅軟禁の継続、キンニュン元首相の更迭劇、首都移転、ASEAN側が派遣した特使への丁重とはいえない処遇といった一連の政治的動きは、ASEANの「建設的関与」策が短期的には奏功しないことを示した。 ...
  • 閑院宮総長、軍事参議官渡辺錠太郎大将の後押しをうけたものであり、当時、大英断と概ね好評であったが、この更迭劇が怪文書「粛軍ニ関スル意見書」を配布した村中孝次歩兵大尉、磯辺浅一一等主計の免官処分、相沢事件さらには翌年の二・二六事件につながっていくことになる。