更に

全て 副詞
35,911 の用例 (0.02 秒)
  • しかし日本軍自体もこの点については更に更に明確な自覚を必要とする。 石原莞爾『戦争史大観』より引用
  • かたがた更にその許可を取消す事になったのだと言っていたそうである。 岡本綺堂『明治劇談 ランプの下にて』より引用
  • 私は更に愛を出発点として男女の関係と家族生活とを考えて見たい。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • そうするうちにもわたくしこころさらほかのさまざまのくらかんがえにみだされました。 浅野和三郎『霊界通信 小桜姫物語』より引用
  • 更に進んで、もっと遠い宇宙へも行くことが出来るようにもなるのだ。 海野十三『宇宙尖兵』より引用
  • 私はなお注意して窺うと、兄も妹もその顔色が先日よりも更によくない。 岡本綺堂『深見夫人の死』より引用
  • そうして更に彼らに対抗すべく理想的の新劇団を組織しようと考えた。 岡本綺堂『明治劇談 ランプの下にて』より引用
  • ついにある日、わたしが例よりも更に悩んでいる時に、彼は言いました。 ゴーチェ・テオフィル『世界怪談名作集』より引用
  • それがまた別の新しい罠にかかって、更に首を絞められてどうするのか。 岡本綺堂『両国の秋』より引用
  • しかし、彼女の為めに更に重要な場面が、それからそれへと展けてゆく。 伊藤野枝『乞食の名誉』より引用
  • こうして彼女は時計が一時を打つのを待ち、更に二時が鳴るのを待った。 モーパッサン・ギ・ド『初雪』より引用
  • 更に、この美き人も今は我物ならずと思へば、なかなか夢かとも疑へり。 尾崎紅葉『金色夜叉』より引用
  • この他に更に、さう言ふ先生を得たいといふやうな欲に燃えてをりました。 折口信夫『真間・蘆屋の昔がたり』より引用
  • 私は更にそのまま、次の日暦にちれきの領域に入っても、調べを続けることにした。 海野十三『今昔ばなし抱合兵団』より引用
  • 更にだんだん調べてみると、小幡の屋敷では昔から二人の女を使っている。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 更にだんだん調べてみると、小幡の屋敷では昔から二人の女を使つてゐる。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • してみると、江戸時代には更にたくさんの鳶が飛んでいたに相違ない。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • 私はこれから更に力を集中してその第二歩を進まんことを希望する。 ゴールドマン・エマ『婦人解放の悲劇』より引用
  • 心のままに百年を生きていたとて、 さらに百年を生きていたとてなんになろう? ハイヤーム・オマル『ルバイヤート』より引用
  • そのことは更に世間に伝わって、更に強勢な悪感情の材料となった。 海野十三『くろがね天狗』より引用
  • 次へ »