曳く

全て 動詞
435 の用例 (0.00 秒)
  • 六十キロはあったのではないか、その死体を女が曳きずっていったのか。 峰隆一郎『殺人特急逆転の15分』より引用
  • 久慈はそう云いながら矢代を曳いて無理に自分がさきに立ち段を上った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 二匹の牛が、日に焼けた路沿いに背の低い荷車を曳いているのが見える。 ウルフ/鈴木幸夫訳『波』より引用
  • 敬二郎は驚きの目を瞠りながら、馬を曳いて馬車のほうへ寄っていった。 佐左木俊郎『恐怖城』より引用
  • 其処には四頭の大きな馬に曳かせた馬車が一台一叢ひとむらの木蔭に待つてゐる。 ゴーチェ・テオフィル『クラリモンド』より引用
  • とにかく二頭ずつ並んで、四頭の馬が、長持のようなものをいて来た。 山田風太郎『銀河忍法帖』より引用
  • クリーンは隊の中では最も着実な橇曳きの一人であることが証明された。
  • それにしても、こういうことを口に出すと、なぜ警察がいて行くのか。 三浦綾子『泥流地帯』より引用
  • そのうちに軍隊がやって来て血だらけの飛行士を曳き出したという。 吉村昭『東京の戦争』より引用
  • うしろ髪をかれるというのは、あのような気持であるかも知れない。 井上靖『星と祭上』より引用
  • この人がある時、車を馬に曳かせて春の野路を走らせてゐたことがあつた。 薄田泣菫『独楽園』より引用
  • 整備責任者をのせた整備台が、馬にかれて、コックピット前についた。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 08 マシン増殖』より引用
  • それはいやに金属的なつめたい残響をなおかれの耳の奥底にいていた。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • 流れ星は明るい橙色だいだいいろで緑色の光環を帯び、わずかに短い尾をいていた。 光瀬龍『歌麿さま参る』より引用
  • 彼等はその冬の初め以来、橇を曳いて千八百マイルの距離を旅行していた。 ロンドン/山本政喜訳『野性の叫び』より引用
  • はじめて金棒曳きゴシップに会いに連れていってもらったのとおなじ日だから。 クロウリー『エンジン・サマー』より引用
  • なお他3町の祭り屋台は、現在保存状態が悪く曳き出すことができない。
  • その四輪馬車は、二頭曳きの構造だったが、馬は一頭しかいなかった。 ウェルズ/宇野利泰訳『宇宙戦争』より引用
  • そのため馬も、それにかれた車体も、冷たい雨に打たれて走るのだった。 千葉暁『アルス・マグナ1 大いなる秘法 白き魔王』より引用
  • しかし、その後の南行きと帰りの旅は人が曳く橇に頼るしかなくなった。
  • 次へ »