暴れる

全て 動詞
1,049 の用例 (0.01 秒)
  • 翼が愛の名前を叫ぶと愛は暴れるのを止めて翼の方へと視線を向けた。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • その結果、成人式で暴れるという若者が全国各地で出現しているのです。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • かつてのように大声をあげたり、壁を叩いて暴れるようなことはなかった。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • お酒を飲んで暴れることも、私に早く当たることもありませんでした。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 途中気づいて暴れるようなことがあれば、その場で殺して捨ててゆく。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • その姿は、自分に関心を持ってくれるまで暴れる 子供にそっくりだった。 冴木忍『カイルロッドの苦難 5 野望は暗闇の奥で』より引用
  • 当然そいつらはじたばたと暴れるので邪魔になるがそれは仕方がない。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • そこには五人いるうちの三人の鬼が暴れる愛の体を引きずっていた。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • 反努力というまでもなく、反努力の実質を暴れる大自然が与えてくれていた。 赤瀬川原平『老人力 全一冊』より引用
  • マオはあばれる相手に動揺どうようしたそぶりさえ見せず、静かに彼を見つめていた。 賀東招二『フルメタル・パニック!サイドアームズ01 音程は哀しく、射程は遠く』より引用
  • 力でかなわないと悟ったのか、暴れるのをやめ、すねた口調で話し始めた。 白瀬修『おと×まほ 第02巻』より引用
  • そんな放送が入り、舞台裏の方から誰かが暴れるような音が聞こえてきた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 3.5』より引用
  • 夜ということもあるが、もう暴れるだけの力もないのかもしれない。 篠崎砂美『お隣の魔法使い1 ~始まりは一つの呪文~』より引用
  • 「秘密がれるまで、女はよくそれを守るもんだよ」マンクスはいった。 ディケンズ/北川悌二訳『オリヴァ・トゥイスト(下)』より引用
  • それがだんだん暴れるようになってきて、もうひとり応援を頼んだんです。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 能力がなければ今の彼はバタバタ暴れる程度の力しかないのである。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第12巻』より引用
  • 壊れてしまったほうが楽だと思えるようなイメージが脳内を暴れる。 富永浩史『スフィア ―哀しみの青想圏―』より引用
  • 飛岡はボーイと二人で暴れる為蔵の腕と足を持って、部屋に戻っていった。 つかこうへい『愛人刑事』より引用
  • あんたもひさしぶりに暴れることができて、まんざらじゃないはずだぜ。 P・J・ファーマー『階層宇宙の危機』より引用
  • やはり、単純に両腕を振り回して暴れるだけで全部解決する事はない。 鎌池和馬『とある科学の超電磁砲』より引用
  • 次へ »