暮れる頃

81 の用例 (0.00 秒)
  • 日の暮れる頃にどこへか出て行って、夜の更けた頃に帰って来たようです。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 林を出て海岸に沿って歩き、やがて日も暮れる頃に彼はやっと里を見つけた。 小野不由美『十二国記 05 東の海神 西の滄海』より引用
  • そこで、車を借りてそれを乗せ、日の暮れる頃師匠の家へ運んで来ました。 高村光雲『幕末維新懐古談』より引用
  • 賢い名倉の母に隠れるようにして、日の暮れる頃には町の方へ歩きに出た。 島崎藤村『家』より引用
  • 三吉を乗せた馬車が、お種の住む町へ近づいたのは、日の暮れる頃であった。 島崎藤村『家』より引用
  • やがて陽の暮れる頃106km離れたプフォルツハイムの町に到着する。
  • 日中は暑さを感じることさえあるのだが、日が暮れる頃はコートが欲しいくらいだ。 海月ルイ『十四番目の月』より引用
  • 女房は日の暮れる頃から産気づいたのであるが、腹の子は容易にこの世に出て来ない。 岡本綺堂『探偵夜話』より引用
  • それから蕎麦屋へ帰ってくると、日の暮れる頃に徳次が顔を見せた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • うまくすれば、日が暮れる頃には合流できるかもしれない。 佐藤大輔『皇国の守護者1 反逆の戦場』より引用
  • 彼もその判断に迷っていると、日の暮れる頃になって青侍が疲れたような顔をして戻って来た。 岡本綺堂『玉藻の前』より引用
  • 暮れる頃になってから、続々と人が集まって来て、いよいよ家の中が狭いように思われた。 大佛次郎『赤穂浪士(下) 〓あり』より引用
  • 近いうちに、日が暮れる頃、屋敷の裏の庭でお会いします。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • 午後になって強い風が出、暮れる頃からはげしい驟雨しゆううが襲って来た。 海音寺潮五郎『平将門 下巻』より引用
  • 日の暮れる頃に松吉は帰って来たが、その報告は小栗の用人の話に符合していた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 日の暮れる頃、会社から来た一台の荷馬車が植木屋の門前で停った。 島崎藤村『芽生』より引用
  • 新城は日が暮れる頃になって、やっとピリカ湖が見える位置にたどり着いた。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第三部』より引用
  • こう思って待ちかまえていると、日の暮れる頃に善八が大いそぎで引き揚げて来た。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 昼間から踊るのではなく、日が暮れる頃から踊りはじめる。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 韋が若いとき京西きょうせいに遊んで、日の暮れる頃にある宿場に着いた。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • 次へ »

暮れる頃 の使われ方