暮れる毎日

5 の用例 (0.00 秒)
  • ちょうど一年間だったが、酒に明け酒に暮れる毎日でな。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 一方ノノーを落としてしまったイーナは悲嘆に暮れる毎日を送る。
  • それから途方に暮れる毎日が続いた。 山田悠介『@ベイビーメール』より引用
  • 私は謝肉祭の光景と、アヌンツィアータが主役を演じた私自身の生涯しょうがいの大事件を、胸のなかに呼び返し生き返らしたが、明けては暮れる毎日は、昨日と同じ単調さと墓場のような静寂をもたらすのだった。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • 昴は、大好きだったスポーツが出来なくなり、悲嘆に暮れる毎日だったが、ある日上方から飛んで来たゴルフボールを辿って、ゴルフ場に迷い込んだ。