暮れる時分

4 の用例 (0.00 秒)
  • いつもの米友ならば我慢しきれないところでしたけれども、感心に深く争わずしてこの小屋を出たのは、日の暮れる時分でありました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 私の父は、大抵日の暮れる時分に焼跡から帰ってきた。 堀辰雄『三つの挿話』より引用
  • 日が暮れる時分、そのへんをうろついて、道に迷ったふりをして、山にいる野獣がこわくてたまらぬように泣きながら、山塞の門へ逃げこむのだ。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • そろそろ日の暮れる時分だった。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用