暮れる前

51 の用例 (0.00 秒)
  • 日の暮れる前から何処の家でも申合わせたように雨戸を立ててしまった。 原民喜『冬日記』より引用
  • 攀り始めたら日が暮れる前にその牙の寺院テンプル・オブ・ファングとやらに到達せねばならん。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • このままの速度で行けば日が暮れる前に森を後にできるはずだ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • 私たちは宿に到着すると日が暮れる前にあわてて風呂へ向かった。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • 日が暮れる前にじんいたのは、いったい何のためだったと思っているんですか。 高殿円『バルビザンデ 暁の宝石姫 (The Beans 01)』より引用
  • わたしは、その年の暮れる前に、ふたたびアリサに会うこととなった。 ジッド/山内義雄訳『狭き門』より引用
  • だが私は、日が暮れる前に荒地をちょっと散歩してみたいんですよ。 ドイル/鈴木幸夫訳『コナン・ドイル ホームズの回想(1)』より引用
  • 日が暮れる前には戻るつもりで屋敷を出てきたが、こんな気分のままでは戻るに戻れない。 秋山瑞人『龍盤七朝DRAGONBUSTER 第一回(電撃hp vol.43)』より引用
  • 日が暮れる前のいっときに死のような静寂が訪れるのを知ってるね。 ウェルズ/新庄哲夫訳『タイム・マシン』より引用
  • 日が暮れる前に、私たちは手分けして何か役にたちそうなものを廃屋の中から集めた。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • 荷物を置くと、私たちも日が暮れる前に買物へ出かけ、夜に備えることとした。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • 日が暮れる前の真っ白な輝きの中で、遠子は花のように笑った。 野村美月『文学少女シリーズ09 “文学少女”と恋する挿話集1』より引用
  • できれば、今日の日が暮れる前に、全ての袋を埋めてしまいたい。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 06 罪滅ぼし編』より引用
  • 夏の高い日が暮れる前に、七人は佐藤さとう家に集まった。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第08巻』より引用
  • それは日が暮れる前に見つけておいた道で、栗の林をぬけてメナジオへ通じていた。 フィルポッツ/赤冬子訳『赤毛のレッドメーン家』より引用
  • とにかくしっかり養生するようにと言い残して、日が暮れる前に生一は東京へ帰った。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • 何とか、お互いに年の暮れる前に解決したいものです。 森村誠一『科学的管理法殺人事件』より引用
  • ぼくたちは大急ぎで馬車を走らせたので、日が暮れる前にサン・ドニへ着いてしまった。 プレヴォ/鈴木豊訳『マノン・レスコオ』より引用
  • そのニンニクを、わしはきょう、日の暮れる前に、すっかりっておいた。 ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • この調子なら、日が暮れる前に作業は終わるだろう。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • 次へ »

暮れる前 の使われ方