暮れるまえ

6 の用例 (0.00 秒)
  • 日が暮れるまえにどんなことをしてでも、なかに入ってやろうと決めた。 初野晴『漆黒の王子』より引用
  • マクルは、日が暮れるまえに女に追いつくのはむずかしいと思いはじめていた。 上橋菜穂子『守り人シリーズ05 神の守り人 来訪編』より引用
  • 前日、日が暮れるまえ、やつは燈台の高みから陸地に向かって走っている船の姿を認めたはずだ。 ヴェルヌ/大友徳明訳『地の果ての燈台』より引用
  • 日が暮れるまえに、とうげえていたいから。 上橋菜穂子『守り人シリーズ10 天と地の守り人 第三部』より引用
  • やがて、日の暮れるまえになると、おもちゃ屋が、そこの境内に、小さな露店街の小屋をずらりとたてならべた。 ハーン/平井呈一訳『東の国から』より引用
  • まだ日の暮れるまえに、あの強い王様のエメトレウスが、アルシータと闘っているパラムンにせまって、相手の肉深く、刀を切り込んだ。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(上)』より引用