暮れる

全て 動詞
1,883 の用例 (0.02 秒)
  • 日が暮れるまえにどんなことをしてでも、なかに入ってやろうと決めた。 初野晴『漆黒の王子』より引用
  • 時間の感覚がなくなっていたが、もうしばらくしたら日が暮れるはずだ。 流星香『プラパ・ゼータ 5 闇色の魔道士』より引用
  • こんな噂がひろがって、女子供は日が暮れると表へ出ないようになった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 日の暮れる前から何処の家でも申合わせたように雨戸を立ててしまった。 原民喜『冬日記』より引用
  • 右門は、日が暮れると、書庫の上にある中二階の小部屋へ上がっていた。 吉川英治『柳生月影抄』より引用
  • 二人がそこにいるのを許されている時間は、日が暮れるまでであった。 半村良『魔女街』より引用
  • 女はその晩を初めとして、日が暮れると来てが明けると帰って往った。 田中貢太郎『牡丹灯籠 牡丹灯記』より引用
  • 日が暮れるまで家の外で待っていると、やがて中からいい匂いがした。 高殿円『カーリー 2 二十一発の祝砲とプリンセスの休日』より引用
  • ただ早く日が暮れることだけを願いながら、彼らは黙々もくもくと進んでいった。 小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン1 金と銀の旅』より引用
  • 夕方に長い散歩をし、日が暮れると音楽を聴きながら一人で本を読んだ。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 陽が暮れると彼女は稼ぎに出る、帰る時にはきっと札を握っていました。 大倉燁子『和製椿姫』より引用
  • 日の暮れる頃にどこへか出て行って、夜の更けた頃に帰って来たようです。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 女はその晩から日が暮れると必ず来て、王の許に一泊して帰って往った。 田中貢太郎『蘇生』より引用
  • 日が暮れると、彼はぼくらのために用意されていた宿に案内させた。 プレヴォ/鈴木豊訳『マノン・レスコオ』より引用
  • それから日の暮れるまで進みましたけれどどこにも人の居そうな所が見えない。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 奉行所からも組屋敷からも近いここの稲荷は、日暮れると人気ひとけが絶える。 山本一力『損料屋喜八郎始末控え』より引用
  • 日が暮れるまではかたを組んでおどり、酒を飲んでいたのに唐突とうとつな展開だった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅲ』より引用
  • 林を出て海岸に沿って歩き、やがて日も暮れる頃に彼はやっと里を見つけた。 小野不由美『十二国記 05 東の海神 西の滄海』より引用
  • まだ暮れるに早い時刻というのに、みな酒気をおびて赤い顔をしている。 山田風太郎『明治十手架(上) 山田風太郎明治小説全集13』より引用
  • 途方とほうに暮れるというのはこんな感じなのかと、子供ながらに気がふさいだ。 喬林知『今日からマ王 第12巻 外伝 「息子はマのつく自由業!?」』より引用
  • 次へ »