暮れ

全て 動詞 名詞
10,508 の用例 (0.01 秒)
  • かれは昼のあいだは物置に寝ていて、日が暮れてから何処へか出てゆく。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 日が暮れてもかの二人は帰って来ないというので、宿では又騒ぎ出した。 岡本綺堂『探偵夜話』より引用
  • 日が暮れかかると、誰も彼も言い合わせたように南東の空に首を向けた。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 呼ばれた四人は近所の人たちで、暮れ六つごろにみな集まって来ました。 岡本綺堂『青蛙堂鬼談』より引用
  • 持つてゐた二日目の日が暮れたのに、わたくし共は矢張り島にゐるのです。 森林太郎『樺太脱獄記』より引用
  • 仕事の手につかぬ一日が暮れて、 何に疲れたとも知れぬ疲れがある。 石川啄木『詩』より引用
  • 来る日も来る日も、彼女は日の暮れがたになると、その鴉の群を眺めた。 モーパッサン・ギ・ド『初雪』より引用
  • 葬式が済んで寺の門を出ると、この頃の春の日はもう暮れかかっていた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • そのうちだんだん日がかたむきかけて、みじかあきの日はれそうになりました。 楠山正雄『葛の葉狐』より引用
  • 日が暮れてから男の三人は再び散歩に出たが、女達はもう出て来なかった。 岡本綺堂『五色蟹』より引用
  • そして日は暮れかかっているが、この他国の町は早や自分を拒んでいる。 梶井基次郎『冬の日』より引用
  • 落合川の駅からもと来た道を汽車で帰ると、下諏訪しもすわへ行って日が暮れた。 島崎藤村『嵐』より引用
  • そこから先は夜店がなくなって、急に日が暮れた様な寂しい通りだった。 海野十三『火葬国風景』より引用
  • お前の祖父おじいさんが隣村まで用達ようたしに出かけて、日が暮れてから帰って来た。 岡本綺堂『飛騨の怪談』より引用
  • まつりれて友達ともだちのうちへとまつた一分始終いちぶしヾう祖母ばヾはなしてきかせました。 竹久夢二『桜さく島』より引用
  • 兼松が竜土の家へ帰った頃には、三月十二日ももう暮れかかっていた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • このままで日が暮れてしまってはと、私の心は心細さでいっぱいであった。 梶井基次郎『冬の蠅』より引用
  • その顔は暮れてゆく昼の明るみと消えてゆく魂の思いとで照らされていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 長吉ちょうきちはやっとゆるされてその方学校がたがっこうもんたのでありました。 小川未明『残された日』より引用
  • 朝は暗いうちに家を出て、夜は日が暮れてしまってから帰って来る。 寺田寅彦『鑢屑』より引用
  • 次へ »