暮らす

全て 動詞
6,237 の用例 (0.01 秒)
  • あの地下室で暮らすようになって、もう少しで半年になろうとしていた。 大石圭『飼育する男』より引用
  • しばらくは自分の好きなように暮らそうと思っている、と彼女はいった。 P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』より引用
  • それは、おそらく地球で暮らす人間には想像もできない世界なのだろう。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース3』より引用
  • 彼は、自分を不幸にした存在と暮らす事を、真剣に幸福だと信じている。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • 隣近所に隠しても、別の土地に移しても、一緒に暮らそうとするだろう。 菊地秀行『吸血鬼ハンター06 D-聖魔遍歴』より引用
  • それでわたしもいつもあすのことを考えて暮らさなくてはならなかった。 G・O・スミス『ブレーン・マシーン』より引用
  • 夫を失った母親のもとで一家六人が暮らさなければならなかったのだ。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 小林の隣の部屋に暮らす女が、恋人らしい男に肩を抱かれて歩いて来る。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 帰ってくるとあたしはやはり勉強して暮らさなければならないようだった。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • 一緒に暮らそうとか言われたら、どう返事をしたもんかと私は身構えた。 山本文緒『プラナリア』より引用
  • ほどなく、一般の人間たちが暮らす外の世界へ出て行けるようになった。 小川一水『時砂の王』より引用
  • 軽蔑する所へ行かなければ独身で暮らすよりほかに方法はないんだから。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • 父とふたりだけで日本で暮らすことになったのは、その三週間後のことだ。 盛田隆二『サウダージ』より引用
  • そして、彼は自宅から荷物を持ってきて一緒に暮らすようになったのです。 梅田みか『愛人の掟3』より引用
  • 彼らの女は自分の親兄弟と暮らすために、それぞれの村に帰っていた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • あと半年ぐらい、入れ替わったまま暮らさないかとあの人は言ったのだ。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • あたしを働かせる気も、東京で暮らさせる気も最初からなかったくせに。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • 海外に暮らすようになった今は、そのなぞを私も説明することが出来る。 田中康夫『昔みたい』より引用
  • 本当に安心して暮らすためには、あの場で殺しておくべきだったのだ。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • その日から私は市内にある叔母の家で数日間暮らすことになりました。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • 次へ »