暮らし

全て 動詞 名詞
23,721 の用例 (0.03 秒)
  • あの人たちはあなたみたいな人といっしょに暮らしてはいませんからね。 チェーホフ・アントン『妻』より引用
  • そうしないことには、母と暮らしていくことができなかったのでしょう。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • むかしの人のほうがいろいろと暮らしの楽しみ方を知っていたんですよ。 池波正太郎/佐藤隆介・編『鬼平料理帳』より引用
  • 私はこれまでの人と人との接触を重大な問題として暮らしてきました。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • どうやら夢の中での方が私はずつとましな暮らしをしてゐると見える。 堀辰雄『鳥料理』より引用
  • どうやら夢の中での方が私はずっとましな暮らしをしていると見える。 堀辰雄『鳥料理』より引用
  • 私はこの人と同じ家に、一度は五年間、また別に二年近く暮らしました。 宍戸儀一『フランケンシュタイン』より引用
  • 土地を耕して生きてゆくのが一番安定した健全な暮らし方なのでしょう。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • けれど二人ふたりはたらいて、どうにかそのらしてゆくことができました。 小川未明『ろうそくと貝がら』より引用
  • わたしは部屋の中を歩みまわり、来るはずのないモデルを待ち暮らした。 芥川竜之介『夢』より引用
  • そのほかにも数え切れないほどの生き物たちの暮らしがそこにはあった。 ニコル『C・W・ニコルの旅行記』より引用
  • 思えばあれが、祖母と兄、三人で暮らした平穏な生活の最後の夜だった。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • 僕は誰よりも平凡に暮らして、誰よりも平凡に死んでやらうと思つてる。 石川啄木『我等の一団と彼』より引用
  • いかにも二十代の姉妹が二人で暮らしているアパートの部屋だった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • わたしもまた京都の方へ行って、しばらく老先生のそばで暮らして来ます。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • それは、長い間別れてらしていたという理由もあったかもしれない。 三浦綾子『塩狩峠』より引用
  • これは、八カ月間のゴミの島の暮らしの中で一番傷ついたことだという。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • わたしを引き取って一緒に暮らしたいといってくれたのは息子夫婦でした。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • 三輪で暮らした一月半は、再びは得らるまじき平和なものでありました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 私は健康さえたしかならば労働者として暮らしたい心地さえいたします。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • 次へ »