暫く見

56 の用例 (0.00 秒)
  • しばらく見なかった間に小さな姪はどこか子供の頃の妹の顔つきと似てきた。 原民喜『永遠のみどり』より引用
  • 暫く見なかつた間に小さな姪はどこか子供の頃の妹の顔つきと似てきた。 原民喜『永遠のみどり』より引用
  • 暫く見なかったが昔のままの黒いドイツ人ばなれのした眼と私の眼とがかち合った。 シュトルム/高橋義孝訳『みずうみ』より引用
  • 暫く見ぬまに、貴様こそずいぶんと人間の真似が上手くなったものじゃな。 九里史生『SAO Web 0405 第七章02~転生Ⅱ』より引用
  • 彼女は暫く見ていてからまた私の隣に帰って来た。 福永武彦『海市』より引用
  • 暫く見ていた後、彼はまた眼を転じてほかの窓を眺めはじめた。 梶井基次郎『檸檬』より引用
  • 二人は暫く見ていてから、そろそろ其方に向って降りて行った。 宮本百合子『古き小画』より引用
  • 母はそれを読んでから、眼に一杯涙をためて、これはしまっておいて暫く見ない方がいいよと云った。 豊島与志雄『蠱惑』より引用
  • どれも暫く見ぬ間にひどく衰えた姿になっていた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 蛇は頭を垂れてお辞儀をし、暫く見ていてからいなくなった。 福永武彦『第二随筆集 遠くのこだま』より引用
  • 何か色の絵はがきを送って上げたいと思って、上野では暫く見たがろくなのがないからやめてしまいました。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • しばらく見ていて、やがて別のことに考えが移った。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • 六平は引返して女房を迎いに行って来るから子供を暫く見て居て呉れと頼んで行った。 加能作次郎『恭三の父』より引用
  • 彼はそれを暫く見ていたが、また紙片を父に返した。 豊島与志雄『楠の話』より引用
  • そのまま暫く見凝めていたが、急に大きな声で云った。 森禮子『モッキングバードのいる町』より引用
  • 信子は彼の顔を暫く見ていたが、それから、其処に在った雑誌を膝の上に取り上げた。 豊島与志雄『二つの途』より引用
  • 僕は暫く見ていたが、やがて渚に沿って歩き出した。 福永武彦『草の花』より引用
  • 暫く見ぬ間に変り行く世の中のさま、驚くの外はなし。 永井荷風『断腸亭日乗』より引用
  • やや暫く見ているうちに、徐々としてその船が動き出しました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 暫く見ない中に女らしくなったと東吾にいわれて、お久美は恥かしそうにうつむいている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 32 十三歳の仲人』より引用
  • 次へ »

暫く見 の使われ方