暫く続い

37 の用例 (0.00 秒)
  • 艦艇の近代化工事が始まった当初は、そんな状態が暫く続いたらしい。 中川靖造『海軍技術研究所』より引用
  • 中国大陸や北方戦線では、ソビエト連邦や中華民国との戦闘が暫く続いた。
  • それが暫く続いているうちに、鬼は空ちゅうで語りました。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • それは四年後、彼が家督をいで国家老となってもしばらく続いた。 池宮彰一郎『四十七人の刺客(上)』より引用
  • 目が見えない日、口をきくことが出来ない日、目も見えず、口をきけない日が暫く続いた。
  • 三人の間に訳の分らない躊躇と不決断とが暫く続いた。 豊島与志雄『囚われ』より引用
  • 内と外とで箭と石との戦いが暫く続いているうちに果たして敵の矢種やだねは尽きてしまいました。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • そんな風な話が暫く続いた。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • 砲撃戦は暗くなってからも暫く続いた。
  • 菊花賞後は自己条件である準オープンを中心に出走、未勝利時代同様に着拾いの内容が暫く続いたが翌2008年4月にオープン入りとなった。
  • そのようなことが暫く続いておりますうちに、わたくしのふとした粗相から、ますます面倒なことになって参りました。 豊島与志雄『花子の陳述』より引用
  • それが暫く続いてるうちに、彼女は血の気の失せた真蒼な顔を急に挙げて、唇の端に細かな震えを見せながら、彼の方へつめ寄って来た。 豊島与志雄『人間繁栄』より引用
  • それが暫く続いて幕開く。 三好十郎『天狗外伝 斬られの仙太』より引用
  • 渚に沿つてたどつて見ると、そのやうな真白な砂丘が暫く続いて軈て小さい岬につくことが多い。 中谷宇吉郎『真夏の日本海』より引用
  • 怪しい猿か何かの叫ぶような巫女の声が暫く続いたが、魂は還ってこないのか新人は蘇生しなかった。 田中貢太郎『竇氏』より引用
  • これが暫く続いて、ポオルも笑わずにはいられず、ビルの方は大口を開けて、満悦の態だった。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 中巻』より引用
  • そして外部補助記憶装置としてフロッピーディスクを接続する時には、その入出力機能を拡張したDISK-BASICを使用するという形態が暫く続いた。
  • 人気のない道が、しばらく続いた。 西村京太郎『悪女の舞踏会』より引用
  • その戦慄が暫く続くうちに、ふっと、全く何故ともなく凡てが消え去る空虚の時が来る。 豊島与志雄『真夜中から黎明まで』より引用
  • 板敷の間の囲炉裏いろりをかこんで、問はず語りの雑談がしばらく続いた。 神西清『雪の宿り』より引用
  • 次へ »

暫く続い の使われ方