暫くする

545 の用例 (0.00 秒)
  • しばらくしてちひさなたけからつたへられて茶碗ちやわんみづなかかれた。 長塚節『土』より引用
  • 女は景を見つけてじっと見ていたが、暫くしてそのまま走って出ていった。 蒲 松齢『阿霞』より引用
  • そのまま見ていると、しばらくして若い僧たちの顔に血の色が戻ってくる。 畠中恵『ねこのばば』より引用
  • けれども暫くして、かれは迎えに来た祖父に連れられて山を下りて行った。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』より引用
  • 暫くすると別なやや知的表情のある女がその奥の暗い方から出て来た。 宮本百合子『ロンドン一九二九年』より引用
  • 暫くしてから周は始めて自分が成の寝台で寝ていることに気がついた。 蒲 松齢『成仙』より引用
  • 暫くして、女は朗かな朝の空気の中を身軽に街のどこかへ消えて了った。 豊島与志雄『現代小説展望』より引用
  • 会社設立から暫くして、当時普及しはじめていた自転車を扱うようになる。
  • 遠くの方で返事があったが、暫くすると庭の方に灯が見えて二人の侍が来た。 田中貢太郎『庭の怪』より引用
  • それから暫くすると、急に青竜王の声でとわめきだしたではありませんか。 海野十三『恐怖の口笛』より引用
  • 暫くして、女は朗かな朝の空気の中を身軽に街のどこかへ消えて了つた。 吉本隆明『悲劇の解読』より引用
  • かつては1956年建築の駅舎があったが無人化後暫くして撤去された。
  • やがて暫くしたら、この小さな靴が小砂利を踏む音を彼が聞く筈だった。 レニエ『燃え上る青春』より引用
  • そして、暫くすると、一人の医師が小さな薬籠を手にして入って来ました。 田中貢太郎『薬指の曲り』より引用
  • そして暫くして私は、自分が或る一人の男の後をつけてることに気付いた。 豊島与志雄『悪夢』より引用
  • しばらくして五百は烟草を買って帰って、保の背後うしろに立って話をし出した。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 暫くして人の足音に目を覚して見ると傍に彼の森主水が立って居る。 黒岩涙香『幽霊塔』より引用
  • 暫くしてかすかな産声うぶごえが気息もつけない緊張の沈黙を破って細く響いた。 有島武郎『小さき者へ』より引用
  • 暫くすると、橋の向うから七八人の者が駆けながら橋を渡って来た。 豊島与志雄『群集』より引用
  • 暫くすると五十人余りの子供らが教師に連れられて上つて来た。 横光利一『神馬』より引用
  • 次へ »