暗い木陰

12 の例文 (0.00 秒)
  • それに彼らは暗い木陰にいたので、男はまだ気がついていなかった。 ...
  • 暗い木陰こかげに入れば、よりはっきりと辺りのものを照らし出す。 ...
  • すると何がなしに二人とも気でも狂ったように、暗い木陰から打開けたところへとびだして行った。 ...
  • 女は丘の上からその暗い木陰こかげを指さした。 ...
  • ハイベリーから半マイルほど行くと道が突然折れ、両側の檎の木が暗い木陰を作り、かなり長い距離淋しい場所になる。 ...
  • やがて、暗い木陰に生々しい匂いと、低い呻き声がこもり始めた。 ...
  • 暗い木陰を行くと、不意に流水を渡る。 ...
  • ケヤキの暗い木陰に、うすい、これ以上うすくなったら消えてしまいそうな空色のアジサイが、ひょろひょろとのびた茎の先に水滴のついた花をつけて揺れる小道を、足をすべらせないように気をつけながら上っていく。 ...
  • 年老いた小作人とその女房、黒い髪をした放浪者のキャラヴァン、幼いメネスとその黒い仔猫、メネスの祈りとその祈りのあいだに空におこったこと、キャラヴァンが立ち去った夜に猫がなしたこと、そして不快な庭の暗い木陰にある荒屋で見いだされたもの、こういったことについて住民たちはさかんに話しあったものだ。 ...
  • つめたい風が渡って居そうに暗い木陰に、忘られた西洋葵の焔の様な花と、高々と聳え立って居る青桐の葉の黄金の網とが、眠りに落ち様とする沈んだ重い種々の者を目さめるまでに引きたてて、まだ虫の音のまばらな、ひると、よるとのとけ合った一時を、思い深げに飾って居る。 ...
  • あおあおと茂ったみごとなかしの木が五、六本、水際に生え、風を受けるというようなこともなく、たえず泉の水を吸いあげて、水面を、その暗い木陰でおおっていた。 ...