暗い

全て 形容詞
31,780 の用例 (0.02 秒)
  • それはそれとして、彼女の死が周囲の空気を暗くしたのは当然であった。 岡本綺堂『有喜世新聞の話』より引用
  • その手は今でもこの家を守るために暗の中に動いているのでございます。 夢野久作『暗黒公使』より引用
  • この頃の春の日はまだ短いので、二人は暗くなってから江戸へはいった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 暗くて狭いそんな場所に、二人肩を寄せ合っているのは妙な気分だった。 佐野良二『尾なし犬』より引用
  • 夏の夕方はかすかに暗く、部屋のなかは静かでなにも動いていなかった。 片岡義男『少女時代』より引用
  • それは実際、ただ下の暗くて狭い女中部屋から生まれた夢にすぎないよ。 原田義人『城』より引用
  • しかしその火も消えてしまうと、あたりは前よりも暗くなってしまった。 芥川竜之介『蜃気楼』より引用
  • もっともこれらの暗い星は必ずしも質量が小さいとは限らないであろう。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 外へ出てすぐ感じたことは、町の何処一軒も起きていない暗さであった。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 大戦で受けた傷が、暗期の眠りにつかないせいで悪さをしはじめたのだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 暗いと明かるいとを問わず、いずれにしても単純なる感情は幸福である。 ホーソーン・ナサニエル『世界怪談名作集』より引用
  • 完全とまではいかないが、それでも日中だとは思えないほどに暗かった。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • 暗い山の沼のような女王の心はそういう思いの影になおさら暗くなった。 松村みね子『女王スカァアの笑い』より引用
  • ただ暗い床のうえによこたわっているだけのことでうつらうつらとしていた。 海野十三『棺桶の花嫁』より引用
  • すでに暗かったから、仕方がないといえば仕方がなかったのかもしれぬ。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 雨はだんだんに強くなって、夕暮れに近い空の色はますます暗くなった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 女性は人類の母体であると云う理解のない女性の運命は暗うございます。 宮本百合子『C先生への手紙』より引用
  • そこで社会の明るさと暗さはどういう関係において見られるのだろうか。 宮本百合子『女性の歴史』より引用
  • 其の夜は月があったが黒い雲が海の上に垂れさがっていたので暗かった。 田中貢太郎『海神に祈る』より引用
  • 日の短い折なので、五時だというのにもう何処も暗くなり出していた。 堀辰雄『菜穂子』より引用
  • 次へ »