暖簾

全て 名詞
1,367 の例文 (0.02 秒)
  • 暖簾のれんのせいで顔は見えないが、いずれの後ろ姿も父のものではなかった。 ...
  • 手めえらに節季振舞せっきぶるまいをするためにこうして暖簾をかけてるンじゃねえ。
  • それともお前さんの店では暖簾の上に、うそを書いておいたつもりなのですか? ...
  • それともお前さんの店では暖簾の上に、うそを書いて置いたつもりなのですか? ...
  • 湯道具を前垂に包み、蛇の眼の傘をさした女が暖簾をくぐって出て来た。 ...
  • 蕎麦屋の暖簾のれんを通して、源三郎はその橋にぼんやりと目を向けていた。 ...
  • 彼はその子の家に黒い暖簾のれんが下っていたのを思い出して、誰が死んだのかと訊いた。 ...
  • それから唖々子と島田とがつづいて暖簾のれんをくぐるようになったのである。 ...
  • 彼等は店の前へ来ると、暖簾の文字を眺めて青年風の沈鬱さで言う。 ...
  • そのようなことをしたら、われから暖簾に傷をつけることになる。 ...
  • 同時にお葉が暖簾を割ってあらわれ、腰をおろさずに膝だけを畳につける。
  • すぐに暖簾が割られ、以前にも見たことのある三十五、六の女が顔を出す。 ...
  • いきなり足音がしたかと思うと、暖簾をかき分けて男が顔を出した。 ...
  • 蕎麦屋の暖簾を継いでいるだけあって、二人とも料理の腕はたしかだ。 ...
  • 暖簾のれんが戸の内側に入っていて、佐伯はふり返ってその白抜しろぬきの文字を見た。 ...
  • 連絡員は店の奥まったところに下った便所を示す暖簾を分けて入って行く。 ...
  • 肩の力の抜けた表情で居酒屋の暖簾のれんをくぐる、会社帰りのサラリーマン。 ...
  • 次へ