晴耕雨読

全て 名詞
68 の例文 (0.00 秒)
  • 静かに隠遁晴耕雨読など、あれにわしの真似が出来るはずがない。 ...
  • 商売が一定の成果を上げると隠居して晴耕雨読の日々を送った。 ...
  • そのまましばらく晴耕雨読の日々を過ごしていた。 ...
  • その後、女優業を休業して、岐阜県の山村で晴耕雨読の日々を送った。 ...
  • しかし、隆中に弟の諸葛きんとなお晴耕雨読の暮らしをしている。 ...
  • 以上私は、私の園芸趣味が附け焼刃であることを告白したが、それはそれとして晴耕雨読は昔から私の理想である。 ...
  • 農耕のかたわら知識探求にもはげむという、晴耕雨読型の人物であったらしい。 ...
  • 若くから晴耕雨読の生活を送っていた孔明もまた、神仙的な色合いで語られるようになる。 ...
  • 以後、故郷の知多半島に戻り晴耕雨読の生活が始まった。 ...
  • 晴耕雨読というと格好もつくが、実のところ農事はそうそう甘っちょろいものではない。 ...
  • 詩は心を家郷によせ、隠棲して晴耕雨読の生活に入ることを望む心境を賦したものである。 ...
  • それから十年ほど経て、ふたたび村に帰って来て、少女に成長した娘を受けとり、以来竹藪の中の家で、晴耕雨読の日を送っている。 ...
  • 久三はその後、総代も辞し、一人で山にこもり晴耕雨読の生活にふけった。 ...
  • 昔からかかってる晴耕雨読せいこううどくの額も怪しく蜘蛛くもの巣が見える。 ...
  • 公園内には広場の他、徳冨蘆花の旧宅などを現在でも見ることができ、晴耕雨読を旨とした晩年の蘆花の生活ぶりを垣間見ることができる。 ...
  • 晴耕雨読の生活でもしていない限り、なかなかじっくり本が読めないのが多忙な現代社会。 ...
  • お百度参りとかに対応してる夜型の神さんもおるけど、わしらはどっちかというと、晴耕雨読みたいなタイプやからなあ。 ...
  • 次へ